「Webライターはやめとけ」といわれる5つの理由。それは本当?プロが解説

Webライター やめとけ
悩む人

webライターはやめとけって聞くけど、やらない方がいいのかな?

悩む人

在宅で仕事がしたくて、webライターが気になっているんだけど…やらない方がいい?評判は良くないの?

在宅ワークが広がり、たくさんの人が「家で働ける」時代になってきましたね。

それにより主婦やパートなど、「旦那の扶養に入ってるけどもう少し稼ぎたい!」という人でも、スキマ時間に家で稼ぐことができるようになっています。

私は、在宅ワーク歴5年のwebライターです。コロナ禍からずっと在宅で仕事をしています。

こんな私が「webライターはやめとけって本当?」と考える皆さんの疑問にズバッと回答します。よければぜひ参考にしてくださいね。

「Webライターの仕事が気になる」
「文章を書くのは苦手だけど、学んでみたい!」
「手に職をつけて家で働きたい!」

こんなあなたには、プロから直接学ぶオンラインスクールをおすすめします

\プロのライターから確実に技術を学べる

プロの添削で実力がグングン上がる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけ!

目次

「Webライターはやめとけ」といわれる5つの理由

Webライターとして働くことには、いくつかの挑戦が伴いますが、それはどの職業にも言えることです。

「Webライターはやめとけ」いわれる理由の中には、事実に基づいたものもあれば、誤解に基づいたものもあります。

ここでは、よく言われる理由を5つ挙げ、それぞれについて私の見解をお話しします。

Webライターはやめとけ①人数が増加している

Webライターへの道は、決して簡単なものではありません。

2023年現在、ライターを目指す人は増え続けており、競争は年々激しくなっています。

しかし、それはこの仕事が人気であり、多くの人にとって魅力的であることの証でもあります。

Webライターはやめとけ②AIに仕事が取られるといわれている

AIの発展により、確かに一部のライティング作業は自動化されつつあります。

しかし、AIにはできないクリエイティブな思考や、人間特有の感情を込めた文章を書くことはできません。

この点が、私たちWebライターの強みです。

Webライターはやめとけ③収入が低い

確かに、Webライターの収入は最初のうちは低いことが多いです。

1文字0.1円からスタートすることも少なくありません。

しかし、スキルと実績を積むことで、徐々に単価を上げていくことが可能です。

私自身も、始めは低単価の仕事からスタートしましたが、今では十分な収入を得ることができています。

Webライターはやめとけ④継続案件を取るのが難しい

継続案件は、確かに取得するのが難しい場合があります。

しかし、クライアントとの信頼関係を築くことができれば、継続案件を獲得しやすくなります。

私は、初めてのクライアントでも、質の高い記事を提供することを心がけ、徐々に信頼を得ることができました。

Webライターはやめとけ⑤1人で行うので孤独感が募る

Webライターは基本的に1人で作業を進めるため、孤独を感じることがあります。

しかし、SNSやオンラインコミュニティを利用することで、同じような立場の人たちと交流することができます。

私も、そうしたコミュニティのおかげで、多くの仲間と繋がることができました。

webライターはやめとけ?←いや、やった方がいい!Webライターをやるべき理由

webライターやめとけ

皆さんは「webライター やめとけ」とよく耳にするかもしれませんが、私は現役のwebライターとして、それは大きな誤解だと言いたいです。

webライターが気になるのであれば、絶対に、まずはやってみましょう。

私は、30代で2歳の子供を育てるシングルマザー予備軍です。

Webライターとして生活しています。この仕事は、私にとって経済的な自立を実現するための手段です。

最高月収60万円を達成しており、どこにいても自分のスキルで生計を立てることができるこの仕事が、心から魅力的だと感じています。

Webライターをやるべき理由①文章を書く仕事は、どんなときでも無くならない

webライターやめとけ

webライターとしての仕事は、今後もなくなることはありません。

人々が情報を求める限り、質の高いコンテンツを提供するライターの需要はなくならないと思っています

私自身、さまざまなジャンルの記事を書いていますし、クライアントの依頼も増えています。

こうやってブログやwebメディアを発信するときでも、文章力がとても大切です。

ライターの仕事は、ただ文字を打つだけではなく、読者の気持ちを動かし、知識を伝える大切な職業です。

SEO対策(Googleなどの検索エンジンの検索画面に上位表示させる技術)や納期管理など、学ぶべきスキルも多くありますが、それらを身につけることで、より多くの案件を受注することが可能になります。

\最新のSEO対策がしっかりと学べる/

Webライターをやるべき理由②人は言葉によって勇気を得て、行動をする

言葉には、人の心を動かす力があります。

私は、それを信じて今までたくさんの言葉を書いてきました。

私が書いた記事を通して「webライターになりたい」「もっと勉強してみよう」と思ってくれる人がいるかもしれません。

そんな気持ちになってもらえたら、本当にうれしいと思いますし、みなさんの人生がより豊かになってほしいと思って、文章を書いています。

文章を書くことで、誰かの人生にポジティブな影響を与えることができるのです。

それは、とてもやりがいのあることだと私は感じています。文章を通じて、読者に勇気や行動を与えることができるためです。

webライターをおすすめする5つの理由

次に、私がwebライターをおすすめする5つの理由を解説します。

パソコン一台あれば仕事ができる

webライターの魅力の一つは、場所を選ばずに仕事ができることです。

私は子供がいても、家事の合間や子供が寝た後にライティングの仕事をすることができます。

実際に別居したことで都心から地方に引っ越しましたが、収入に変わりはありませんでした。

これはwebライターとしての大きなメリットであり、時間と場所に縛られずに働ける自由があります。

他のスキルとかけ合わせれば高単価を狙える

webライターとして成功するためには、専門知識を生かすことが大切です。

例えば、看護師や保育士、栄養士の資格を持っていれば、その専門知識を活かした記事を書くことができます。

「専業主婦歴10年で時短料理が得意」も、とても魅力的なスキルです。

私自身、子育ての経験を生かして、子育て関連の記事を多く書いています。

これにより、一般的な記事よりも高単価の案件を受注することができるようになりました。

需要がある=仕事がある

AIの発展により、一部の仕事がなくなる可能性が指摘されていますが、webライターの需要は今後も続くと考えています。

なぜなら、AIではできないクリエイティブな思考や、人間特有の感情を文章に込める能力が求められるからです。

私の経験上、多様なスキルと経験を持つライターへの需要は高く、仕事は困らないと思います。

独立や起業ができる

webライターの仕事は、フリーランスとして独立する良いステップになります。

実績を積み、信頼できるクライアントネットワークを築くことができれば、自分のライティング事務所を開設することも夢ではありません。

私も将来的には、自分の事業を立ち上げることを考えています。

一人でできる

webライターとしての仕事は、一人で完結することが多いです。

これは、人間関係のストレスから解放され、自分のペースで仕事を進められるという意味で、大きなメリットです。

自分の好きな時間に、好きな場所で、集中して作業することができるのです。

webライター未経験者はオンラインスクールで学ぶのが最短

webライターやめとけ

webライターになりたいけれど、どこから始めていいか分からない、そんなあなたにとって、オンラインスクールは、最短かつ最も効果的な方法です。

今の時代、インターネットを使えば、自宅にいながらでも専門的なスキルを身につけることができます。

では、なぜオンラインスクールがwebライターのキャリアをスタートさせるのに最適なのでしょうか。

豊富なカリキュラムが初心者を強力にサポートしてくれる

オンラインスクールでは、SEO基礎から文章構成、クライアントとのやり取りの方法に至るまで、webライターに必要な知識やスキルを体系的に学ぶことができます。

これらは、フリーランスとして成功するために欠かせないものです。

特に、SEOライティングやキーワード選定などは、webライターとして高い収入を得るための重要なスキルです。

オンラインスクールなら、最新のトレンドを反映したカリキュラムで学ぶことができ、常にアップデートされるweb業界での競争力を保つことが可能です。

おすすめのライティング講座は、YOSCAが運営している「あなたのライターキャリア講座」です。

えだまま

私は、運営元のYOSCAから仕事を受けていました。丁寧なフィードバックで、非常にレベルの高い会社です。

あなたのライターキャリア講座」は、無料で資料をダウンロードできるので、まずはサクッと資料を見てくださいね。

実践的な課題で即戦力になれる

理論だけでなく、実際に記事を書く課題が多数用意されていることも、オンラインスクールの大きな魅力です。

実際に手を動かしながら学ぶことで、学んだ知識をすぐに実践に活かすことができます。

また、課題を通じて作成した記事は、ポートフォリオとしても利用することができ、未経験者が初めてのクライアントを獲得する際の大きな武器になります。

メンターによる個別フィードバックがある

多くのオンラインスクールでは、経験豊富なメンターからの個別フィードバックが提供されます。

自分の書いた記事に対する具体的なアドバイスをもらうことで、効率的にスキルアップすることができます。

また、メンターはフリーランスとしてのキャリア構築やクライアントとの交渉方法など、ライティング以外の部分でもサポートしてくれるため、webライターとしての全体的なスキルが身につきます。

コミュニティに学びがある

オンラインスクールには、同じ目標を持つ仲間が集まります。

学習コミュニティやフォーラムを通じて、他の受講生と情報交換を行うことができます。

ここでは、勉強のコツや仕事の獲得方法、時には悩みの共有などが行われ、学びのみならず、モチベーションの維持にもつながります。

「Webライターの仕事が気になる」
「文章を書くのは苦手だけど、学んでみたい!」
「手に職をつけて家で働きたい!」

こんなあなたには、プロから直接学ぶオンラインスクールをおすすめします

\プロのライターから確実に技術を学べる

プロの添削で実力がグングン上がる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけ!

まとめ

「webライターはやめとけ」という声があるかもしれませんが、私は、webライターという仕事はとても魅力的な職業だと思っています。

時間と場所に縛られず、自分のスキルを活かして働くことができます。

また、専門知識を活かしたり、フリーランスとして独立したりする道も開いています。

webライターに挑戦したいと思うなら、今がその時です。

勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

あなたの言葉で、世界を変えることができるかもしれません。最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。

また自身の経験を生かして、稼げるwebライターになるためのリアルな情報を発信中。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次