Webライターは甘くないけど最高の仕事!辛いときはどう乗り越える?

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webライター甘くない

こんにちは。Webライターとして5年ほど活動しているえだママです。

私はこれまで、在宅ワーカーとして「家を職場」にしてきました。

えだまま

出勤時間が必要ない、煩わしい人間関係がない、1人で黙々と作業できるWebライターは、最高な仕事です。

在宅ワーカーとして働いていたので、コロナ禍に入った時も、仕事が減ることはなく、むしろ案件はどんどん増えていました。

子どもが産まれたあとは、お昼寝の時間に仕事をするなど、子どもを中心にしながらでも、働くことができました。

こんな風に在宅ワーカーのすばらしさを体感している私ですが、正直「Webライターは甘くないぞ」と感じています。

webライターという仕事が広がりつつある中、(そう感じるのは私だけ?)「やってみよう!」とチャレンジする人もたくさんいらっしゃいます。

しかし、実際にWebライターとして生活するためには、乗り越えなければいけない壁がいくつもあります。

ぴょんこ

月5万円、10万円など、金額面での壁は分かりやすいですね。

でも、webライターは最高の仕事です。これは断言できます!

私は少しでも多くの人に、このwebライターの仕事の素晴らしさが伝わればいいなと思っています。

そこでこの記事では、webライターとして活動している私が、この仕事の魅力や、今webライターとして活動しているけど「辛い」と感じている人に向けて、メッセージを届けたいと思います。

Webライターの仕事が気になる」
「子育てをしながらスキマ時間で働きたい」
「手に職をつけて家で働きたい
こんなあなたは、
プロから直接、
ライティングの技術を学びましょう!

\プロのライターから確実に技術を学べる

2ヶ月で「月5万円を稼ぐライター」になる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけで詳しい情報が得られます。

目次

Webライターは甘くない。辛いと感じるのはなぜ?

webライターやめとけ

Webライターとしてのキャリアは、決して簡単な道のりではありません。

多くの方が直面する課題には、締め切りの厳しさ、継続案件を確保するための競争、そして時には言葉がスムーズに出てこないストレスがあります。

これらの課題は、Webライティングが単なる文章を書く仕事ではなく、高いスキルと精神力を要求される職業であることを示しています。

そう、webライターはメンタルの仕事ともいえるのです。

しかし、この辛さを乗り越えたとき、あなたは大きな達成感と成長を実感できるでしょう。

webライターが辛いと感じる理由を、以下の3つの項目から解説します。

  • 締め切りがある
  • 継続案件をもらうためには実力が必要
  • 言葉が出てこない

Webライターは甘くない①締め切りがある

締め切りは、Webライターにとって常に付きまとうプレッシャーです。

クライアントからの依頼は、時に短期間での納品を求められることがあり、これがストレスの原因となることも少なくありません。

しかし、時間管理のスキルを身につけ、効率的なライティング方法を習得することで、このプレッシャーは乗り越えられます。

Webライターは甘くない②継続案件をもらうためには実力が必要

Webライターとして継続的に案件を受注するには、確かなライティングスキルとクライアントとの信頼関係が必要です。

初心者のうちは、単価が低かったり、案件を獲得するのが難しかったりするかもしれませんが、実績を積むことで徐々に良い条件で仕事を受けられるようになります。

Webライターは甘くない③言葉が出てこない

時には、どう書き始めれば良いかわからない、言葉がスムーズに出てこないという状況に直面することもあります。

このような時は、一旦作業から離れてリフレッシュするか、インスピレーションを得るために他の記事や本を読むことが助けになります。

Webライターの魅力をもう一度考えよう!

Webライターとして働く魅力は、「Webライターは辛い!」と感じる瞬間を乗り越えるだけの価値がありますよ。

えだまま

私が考える、Webライターの魅力は以下の通りです。

  • パソコンがあれば場所も関係なく仕事ができる
  • フリーランスになれる
  • 「文章を書く仕事」はどの仕事でも使える
  • 一人で仕事ができる
ぴょんこ

パソコンさえあれば、地方でもド田舎でも、どこでも働けます。

おねえさん

コツコツと実力をあげれば、高単価を狙うこともできますよ〇

パソコンがあれば場所も関係なく仕事ができる

Webライターの最大の魅力のは、インターネットがあれば世界中どこでも仕事ができることです。

えだまま

とくに子どもがいる、私たちママは、場所の縛りがなく働けるというのは素晴らしいメリットだと思います。

フリーランスになれる

Webライターとして、フリーランスになれば、自分自身のキャリアを自由に設計できます。

好きな時間に働き、好きな場所で生活することができるのです。

また、フリーランスは自分のスキルと努力次第で収入を増やすことが可能です。

えだまま

自分の実力次第で、子どもの学費や生活費の不安なども払しょくできますよ。

「文章を書く仕事」はどの仕事でも使える

ライティングスキルは、Webライターに限らず、あらゆる職業で重宝されます。

明確で説得力のある文章を書く能力は、コミュニケーションの質を高め、あなたの価値を大きく向上させます。

一人で仕事ができる

Webライターは、一人で黙々と作業を進める仕事です。

自分のアイデアを形にする喜びは、この仕事の大きな魅力の一つです。

また、わずらわしい人間関係から解放されるので、とても気が楽です。

ぴょんこ

職場の悩みって、人間関係の悩みですよね…。特に女のじょくばはツライ…

Webライターが辛いときに試してほしいこと

Webライターとしての道は、時に辛いものですが、その辛さを乗り越える方法はあります。

ぴょんこ

自分が直面している問題を分析し、好きなジャンルにフォーカスを当て直したり、一時的に離れてみたりすることで、気持ちが落ち着くこともあります◎

また、インプットを増やすことで、アウトプットの質を高めることができます。

  • 何が辛いのかを分析する
  • 好きなジャンル・分野を見直す
  • 一旦Webライターから離れてみる
  • インプットに集中する

こういったことを深堀してみましょう。

何が辛いのかを分析する

辛さを感じる原因を冷静に分析することは、問題解決の第一歩です。

ストレスの原因は、仕事の量、クライアントとの関係、あるいは自分自身のスキルにあるかもしれません。

原因を特定することで、解決策を見つけやすくなります。

好きなジャンル・分野を見直す

仕事の辛さを感じたときは、自分が本当に情熱を持って取り組めるジャンルや分野に目を向け直すことが重要です。

好きなことを書く喜びを再発見することで、モチベーションを取り戻すことができます。

一旦Webライターから離れてみる

時には、短期間仕事から離れてみることが、精神的なリフレッシュにつながります。

趣味や旅行など、自分をリチャージする活動に時間を使うことで、新たなインスピレーションを得ることができるでしょう。

インプットに集中する

良質なアウトプットのためには、豊富なインプットが不可欠です。

読書や映画鑑賞、セミナーへの参加など、新しい知識や刺激を受ける活動に時間を割くことが、ライティングスキルの向上に繋がります。

Webライターは甘くないまとめ

Webライターとしての道は、確かに甘くないものです。

しかし、その中には計り知れないほどの魅力と可能性が隠されています。

辛いと感じる瞬間があっても、それを乗り越えることで得られる達成感、成長、そして自由は他の何物にも代えがたいものです。

この記事を通じて、少しでも多くの方がWebライターとしての一歩を踏み出し、自分自身の可能性を広げていく勇気を持っていただけたら幸いです。

あなたの道はまだ始まったばかりです。

夢に向かって、今日も一歩を踏み出しましょう。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。

また自身の経験を生かして、稼げるwebライターになるためのリアルな情報を発信中。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次