デイトラでsassは学べる?導入のメリット・デメリットを解説

Web制作を学ぼうとしている方の中には、sassという言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

sassは近年のCSSの記述においては欠かせないメタ言語です。

しかし、昔からWeb制作に関わっている人は、「sassを使用しない」という場合がある他、少し前にWeb制作について勉強した人は「sassを使うことができない」というケースもあるでしょう。

とはいえ、現代のWeb制作においてはsassを理解することは前提条件となっているのです。

そこで本記事では、あなたの不安を解消する以下の情報を解説します。

この記事で解決できる悩み

sassを導入するメリット
sassを導入するデメリット
デイトラ学べるsassのスキル

えだまま

本記事では、本記事は、在宅ワーク歴5年webライターのえだままが魂を込めて執筆します。

「副業で月3万円を稼ぎたい」「在宅ワークで働きたい」「ママでも経済的に自立したい」このような願望をかなえるためには、オンラインスクールでWebスキルを学ぶのが最適です。

業界最安値級の価格
実践的なスキルが得られる

未経験からプロのWebクリエイターにな
「デイトラ」

目次

デイトラでsassを学ぶことはできる?←可能!

結論から申し上げますと、Webスキル特化型のオンラインスクール「デイトラ」でsassを学ぶことは可能です。

デイトラにはさまざまなコースが用意されていますが、sassを学ぶことができるのは「Web制作コース」となります。

デイトラのWeb制作コースは初級編・中級編・上級編・実務編と4つのステップに分かれていますが、sassは中級編のDAY7・DAY8で学ぶ内容です。

これに関しては、のちのち解説します。

まずは、saasに関する基本的な情報を見ていきましょう。

saas(サス・サース)とは?

sass(Syntactically Awesome StyleSheet)は、CSSを拡張することで書きやすく、見やすくしたスタイルシートのことを指します。

従来のCSSにおいてデザイナーやプログラマーが感じていた不満を解消することができるため、IT業界では欠かせない技術といえます。

そのため、CSSを利用する企業でsassを導入することが増えており、Web制作を学ぶうえでsassを理解することは非常に大切なのです。

sassを導入するメリット

sassを導入する大きなメリットは以下の通りです。

  • 作業効率が格段にアップする
  • サイトの修正がラクになる

それぞれのメリットについて、以下で詳しく解説します。

1.作業効率が格段にアップする

sassを導入する最大のメリットとも言えるのが作業効率が格段にアップするということです。

sassによってCSSを拡張することで入れ子構造(ネスト)での記述をすることができるようになるため、従来のCSSに比べてコードの記述量が少なく済みます。

そのため、コーディングにかかる時間が短縮されるのです。

また、CSSを書くのが楽になるだけではなく、複雑なコードをひとまとめにすることができ再利用をすることもできるため、CSS自体の管理がしやすくなります。

このように、sassを導入することで従来であれば手間であったCSSの記述が非常に容易になるのです。

2.サイトの修正がラクになる

sassでは変数を利用することができるため、サイトに使用されるメインカラーやサブカラー、コンテナ幅などを変数にすることができます。

変数にすることで変数1ヶ所だけを変更するだけでサイトの修正をすることができる他、え。従来のCSSのように修正したい部分をすべて変更しなくてはいけないという面倒な作業が必要なくなるのです。

また、sassではファイルを分割して管理することができるため、修正したいファイルを選択することで部分的に修正することができますし、修正しなくてはいけない部分を発見しやすくなります。

sassを導入するデメリット

sassを導入するデメリットは以下の通りです。

  • 環境構築に時間がかかる
  • 新しく学ぶ必要がある

それぞれのデメリットについて、以下で詳しく解説します。

1.環境構築に時間がかかる

sassを導入するためには新たに環境構築が必要となるため、すぐに導入に踏み切れない企業も多いです。

とはいえ、現在はVisual Studio Codeの「Easy Sass」や「Live Sass Compiler」などの拡張機能を使用することで、従来よりも格段にsassを使用することができるようになったため、環境構築のハードルも下がっています。

2.新しく学ぶ必要がある

sassを利用するためにはsassの記述を学ぶ必要があります。

sassを学ぶことでCSSを効率化できることを考えると学ばないほうがデメリットが多いでしょう。

そのため、今からWeb制作を学ぶという人は、sassについても学べる環境で学習することがおすすめです。

デイトラで学べるsassの具体的な内容は?

では、実際にデイトラでどのような内容を学習できるのか解説します。

デイトラではsassを実務で使用できるほど総合的に学ぶことができます。

とはいえ、具体的にどのような内容を学ぶことができるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、DAY7・DAY8の2日間でsassについてどのような内容を学ぶのかについて具体的に紹介していきます。

DAY7で学ぶ内容

DAY7では、sassの基本的な内容について学んでいきます。

具体的な学習内容の目次は以下の通りです。

  • sassの入れ子の書き方
  • 疑似要素のとクラスの書き方
  • 変数を使ってみよう
  • 定義したスタイルを使いまわそう
  • 【必見!】miximを使ったブレイクポイントの記述
  • functionを使おう
  • sassの要点まとめ
  • sassをローカル環境で使えるようにする

DAY8で学ぶ内容

DAY8では、sassをローカル環境で使えるように学習していきます。

具体的な学習内容の目次は以下の通りです。

  • sassをローカル環境で使えるようにしよう① − Live sass Compilerの導入
  • sassをローカル環境で使えるようにしよう② − sass利用時のフォルダの構成
  • sassをローカル環境で使えるようにしよう③ − Live sass Compilerの動かし方
  • sassをローカル環境で使えるようにしよう④ − ファイル分割の方法
  • JavaScript〜sassの基礎学習まとめ

デイトラでsassを学んで理解できる?

デイトラでsassを学んで理解できるか不安という方もいるかもしれませんが、デイトラ自体が未経験からでも迷わずに学習できるコースを用意しているの、安心してください。

Web制作コースでも、ステップ形式で未経験から実務レベルまで学ぶことができるようになっているため、sassについてもしっかりと理解することができますよ。

また、デイトラの受講者の中には自身のブログやnote、SNSなどで学習内容を言語化して振り返っている記事をたくさん投稿していますので、受講者のリアルな声を聞きたい方はチェックしてみるといいでしょう。

おすすめのnoteは、以下の記事で解説しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

\気になる不安を無料で解消/

まとめ

本記事では、sassを導入するメリット・デメリット、さらにはデイトラでsassは学ぶことができるのかについて詳しく解説しました。

現代のWeb制作においてはsassの導入が必須とも言えますが、ひと昔前の教材やオンラインスクールではsassを学習できない場合もあります。

そのため、CSSの記述に加えてsassについても学ぶことのできる教材やオンラインスクールを選ぶ必要があるのです。

デイトラは最新のWeb制作について学ぶことができるため、もちろんsassについても学ぶことができますし、コース受講後はフリーランスとして独立したり、希望があれば転職支援にてIT業界に精通しているメンターから転職のサポートを受けたりすることができるため、学んだ後でも安心です。

ぜひ本記事を参考にしてデイトラでsassを含めたWeb制作を学んでみてください。

「副業で月3万円を稼ぎたい」「在宅ワークで働きたい」「ママでも経済的に自立したい」このような願望をかなえるためには、オンラインスクールでWebスキルを学ぶのが最適です。

業界最安値級の価格
実践的なスキルが得られる

未経験からプロのWebクリエイターにな
「デイトラ」

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。

また自身の経験を生かして、稼げるwebライターになるためのリアルな情報を発信中。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次