女性におすすめの”食いっぱぐれない資格”10選【在宅ワークに活かす】

当ページのリンクには広告が含まれています。
女性が食いっぱぐれない資格
  • 妊娠・出産・子育てもあるし、将来への不安があるなあ…
  • 女性におすすめの”食いっぱぐれない資格”はある?
  • 取得しやすい女性向けの国家資格はある?

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

妊娠・出産・子育てなどの、ライフイベントが多い女性にとって、資格を取得して、安定した収入を得ることは、人生の基盤を安定させるためにも重要なポイントです。

本記事では、「女性にとって資格が重要な理由」「女性におすすめの資格10選」「Web系でおすすめの資格」などを具体的に紹介します。

本記事の完読時間は10分程度です。気になる部分だけでもぜひ読んでみてくださいね!

本記事はライティング資格を取得した在宅ワーク歴5年のWebライターが執筆しています。自分の人生の幅を広げるためにも、資格取得を目指してみましょう!

Webライターの仕事が気になる」
「子育てをしながらスキマ時間で働きたい」
「手に職をつけて家で働きたい

こんなあなたには、
プロから直接ライティングの技術を学ぶ
オンラインスクールをおすすめします

\プロのライターから確実に技術を学べる

2ヶ月で「月5万円を稼ぐライター」になる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけで詳しい情報が得られます。

目次

女性に「資格」が重要なワケ|将来への不安を解消しよう

女性が食いっぱぐれない資格

女性に資格が必要な理由を、下記の3つから解説します。

  • 妊娠/出産/子育てなどでライフスタイルが変化しても自立できる
  • 一生ものの知識やスキルが得られる
  • キャリアをつめば”起業”もできる

妊娠・出産・子育てなどでライフスタイルが変化しても自立できる

女性には、妊娠・出産・子育てといった、人生を大きく左右するライフイベントがあります。

ライフイベントとは、生活を大きく変化させるような出来事のこと。このライフイベントを踏まえた上で、人生設計(ライフプラン)を立てることが大切です。

女性は、これらのライフイベントによってキャリアが大きく変化します。

それにより”将来に対する不安”が増すこともありますよね。

しかし、資格があれば、ライフイベントにも柔軟に対応でき、仕事をすることを諦めずに自立し続けることができます。

例えば、看護師や保育士といった資格を取得することで、専門職として就職し、育休・産休を経て仕事に復帰することもできます。

万が一退職してしまっても、資格を取得していれば”持っているスキル”の証明になるので、次の仕事も見つけやすくなり、キャリアを諦める必要もありません。

会社での賃金が上がらなくなっている中、女性も金銭的な自立が必要になってきました。

将来の不安を払拭できるのは、自分しかいません。

子育てと仕事の両立は、とても大変ですが、自分の人生を豊かにするためにも、少しずつ頑張ってみましょう。

最近では、自宅でできる仕事にも使える資格も登場しており、家事や子育ての合間に活躍できるチャンスを得られますよ。

本メディアでは、さまざまな働き方、特に在宅ワークで自立する術を紹介しているので、ぜひ他の記事も参考にしてくださいね。

一生ものの知識やスキルが得られる

資格の取得は一時的な学びだけでなく、一生ものの知識やスキルを得ることができます。

例えば、IT関連の資格を取得すると、常に進化するテクノロジーに対応し続ける力を身につけることができます。

ビジネス関連の資格を持てば、経済の変動にも対応ができるようになります。

新聞やTVなどの経済関連のニュースを理解できたり、専門雑誌などから情報を得られたりと、資格をきっかけに、スキルアップし続けることが可能です。

資格の知識やスキルは、常に変化をし続ける社会の変化に対応する上で、自分自身への貴重な財産になります。資格は“安定材料”のような存在です。

キャリアをつめば”起業”もできる

資格を取得し、専門知識を培ったり経験を活かしたりして、自らのビジネスを立ち上げることが可能です。

女性起業家が増えている現代では、資格を持つことで自分の価値を証明し、市場での競争を優位にすることもできます。

“主婦から起業”という人達も増えていますね!ただし、怪しい方もいるので、見極めは必要ですよ。

起業によって自分のキャリアをコントロールし、ライフスタイルに合った働き方を実現することが可能です。

起業にはリスクも伴いますが、資格を持つことで、こうした起業を成功させる可能性も上がります。

女性が資格を取得することは、将来への不安を解消して自立し、幅広いキャリアを実現するための重要なステップです。

妊娠や出産、子育てなどのライフイベントでも、資格の取得は、女性の力強い味方となるでしょう。

将来への不安を解消し、女性が輝く未来を創造するために、ぜひ資格取得に向けて一歩踏み出してみてくださいね。

興味があることは多いけれど、
何から手を付ければいいのか分からない…


こんなあなたには…
8000本以上の動画の中から、
「今」あなたに必要な知識・考え方が学べる
「Schoo(スクー)」です。

無料登録で知識・スキルが学べる

「副業で月5万円を稼ぐ副業の秘訣」「お金の基本」
「自分のキャリアを整理・整頓しよう」etc..
豊富なジャンルから、あなたがほしい情報が手に入る!

【女性が食いっぱぐれない資格】おすすめ10選

女性が食いっぱぐれない資格のおすすめ10選を紹介します。

難易度が高いものから国家資格の中でも比較的取得しやすい資格まで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  1. ファイナンシャルプランナー
  2. 宅建士
  3. 医療事務認定実務者(R)試験
  4. 介護福祉士
  5. 日商簿記
  6. 看護師
  7. 社会保険社労士
  8. 中小企業診断士
  9. 行政書士
  10. キャリアコンサルタント

①ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や家族の経済的な資金計画を立てて、それを支援する専門家です。

資産運用、保険、税金、年金、相続など、幅広い分野にわたるアドバイスを行います。

FPの資格を持つことで、クライアントのニーズに応じた総合的なファイナンシャルプランを立案・提案し、将来への不安を軽減する役割を果たすことができます。

<FPが対応できる家庭相談>

  • 家計の管理…支出や収入のバランス/未来へ向けた貯蓄の方法
  • 教育の資金…教育資金を準備する方法/奨学金の活用方法
  • 住宅の資金…住宅ローンを借りる方法/繰り上げ返済や借り換えの方法
  • 税制…医療費控除・配偶者控除・所得税について
  • 介護・医療…介護費用を準備する方法/介護保険制度について
  • 老後の生活の設計…老後資金の準備方法/老後の生活の設計
  • 年金・保険…公的年金制度・社会保険制度について
  • 資産運用…退職金の運用方法/金融商品(投資信託など)の選び方について
  • 保険…保険の選び方/死亡保障・医療保障について
  • 相続・贈与…遺言・相続の準備方法/子どもや孫への資金の贈与について

このようにクライアントの人生設計に大きくかかわる仕事です。

責任もありますが、その分、クライアントの人生をより豊かな方向へ導く、やりがいのある仕事といえますよ。

FPの資格が気になるけれど、独学では自信がない

こんなあなたには…
1998年の創業以来、年間40万人以上が利用している
eラーニングサイト資格対策ドットコムがおすすめです。

\インターネット環境があればどこでも学習できる

日本FP協会

②宅建士(宅地建物取引士)

宅地建物取引士は、不動産取引に関する専門知識を持つ資格です。

不動産の売買・賃貸・仲介などの取引において、契約の相談やアドバイス、実際の取引を行います。

宅建士しかできない業務(独占業務)もあるため、不動産業界には不可欠な存在です。

また不動産会社の1つの事務所の中には、5人に1人以上の割合で宅建士がいなければなりません。

そのため不動産会社は積極的に「宅建士」を採用しており、宅建士を取得することで得られる手当てを用意している企業もあります。

<宅建士だけができる独占業務>

重要事項の説明

物件の借主・買主に対して、契約締結の前に重要事項の説明を行います。重要事項とは、例えば電気・ガス・水道などのインフラ設備や売買代金のローン条件など、借主・買主側が事前に知っておくべき情報になります。

重要事項説明書への記名・押印

重要事項は口頭での説明だけではなく、必ず文書に記載して相手方に交付・説明を行わなければなりません。この文書を重要事項説明書面といい、記載事項の内容を説明したうえで記名押印します。

契約内容記載書面への記名・押印

この契約書は37条書面ともいい、記名押印したうえで交付します。

全日本不動産協会|宅地建物取引士の業務とは

不動産市場は常に動きがあり、人々の住宅や投資のニーズは絶え間なく変化しています。

宅建士の資格を持つことで、安定した需要が期待できる仕事となります。

宅建試験|不動産適正取引推進機構

「宅建士の資格が気になるけれど、独学では自信がない

こんなあなたには…
1998年の創業以来、年間40万人以上が利用している
eラーニングサイト資格対策ドットコムがおすすめです。

\インターネット環境があればどこでも学習できる

③医療事務認定実務者(R)試験

医療事務認定実務者(R)試験は、医療機関における受付、予約管理、医療保険請求などの医療事務の業務を適正に行えるということを証明する資格です。

医療事務は医療現場の重要なポジションであり、健康産業の発展に伴い需要が高まっています。

また医療業界は、今後も衰退することはなく、むしろ少子高齢化により、よりニーズが高まる業界です。

資格取得により、医療機関での安定した職を得ることができます。

医療事務認定実務者(R)試験|全国医療福祉教育協会

④介護福祉士

介護福祉士は、高齢者や障がい者、障害児などの介護や生活支援を専門的にサポートする資格です。

高齢化が進む社会において、介護の需要はますます増加しています。

介護福祉士の資格を持つことで、専門的なスキルを活かして、人々の生活の質を向上させる仕事に従事できます。

介護福祉士国家試験|社会福祉振興・試験センター

⑤日商簿記

日商簿記は、経理や財務関連の知識を証明する資格です。

企業や組織において、経理業務は重要な役割を果たしており、簿記の知識は欠かせません。

日商簿記の資格は、会計や経理の職種に就くだけでなく、ビジネス全体の理解に役立ち、キャリアの幅を広げることができます。

「日商簿記の資格が気になるけれど、独学では自信がない

こんなあなたには…
1998年の創業以来、年間40万人以上が利用している
eラーニングサイト資格対策ドットコムがおすすめです。

日商簿記3級の資格が取れる/

⑥看護師

看護師は、病院などに勤務し、患者の診療やケアを行う医療従事者です。

医療現場において不可欠な存在であり、専門的なスキルと人間性が求められる職業です。

看護師の需要は常に高く、社会的な信頼が持てることに加えて、将来的にも長く働ける職業の一つです。

⑦社会保険社労士

社会保険労務士は、労働法や社会保険制度に関するアドバイスを行う専門家です。

企業や雇用者に対して、労働契約や労働条件、助成金の活用などのコンサルティングを提供します。

雇用問題が増える中で、社会保険労務士の需要も高まっています。

⑧中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営相談や支援を行うプロフェッショナルです。

経営課題の発見や解決策の提案、経営計画の立案などを行います。

中小企業は国の経済に大きな影響を与えており、経営に関する専門家の需要が高まっています。

⑨行政書士

行政書士は、行政手続きや法的な書類の作成を代行する資格です。

国や地方自治体とのやり取りや、法的なアドバイスを行います。

行政書士は多様な業務があり、民間企業や個人に対するサポートも求められます。

⑩キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、個人の職業選択やキャリア形成をサポートする専門家です。

自己分析、職業情報提供、転職支援などを行い、クライアントが適切な職業を選択する手助けをします。

職業選択の重要性が高まる中で、キャリアコンサルタントの需要も増えています。

キャリアコンサルタントは、人事部門などでの需要が高く、企業の中で活かすために取得する人が多い資格です。

【女性が「食いっぱぐれない資格】Web系でおすすめ6選

女性 食いっぱぐれない 資格

次に、女性が食いっぱぐれない資格の中でも、Web系でおすすめの6選を紹介します。

Web系の仕事は、今後、需要が伸びるといわれており、その分採用の人数も増えるといわれています。

スキルがあれば、年齢も関係なく活躍できるので、ぜひ押さえておきたい業界です。

Web系の仕事が未経験の人でも取得できる資格もあるので、ぜひ参考にしてください。

  1. ITパスポート
  2. Webライティング技能検定
  3. Google広告認定資格
  4. ウェブ解析士
  5. CCNA
  6. ウェブデザイン技能検定

またWeb系の資格は、就職や転職にも有利です。

積極的に女性を採用している企業もあるので、資格を取得し、就職や転職を有利にしましょう。

ITパスポート

ITパスポートは、情報技術に関する基本的な知識やスキルを持つことを証明する資格です。

コンピュータの基本操作、ネットワーク、セキュリティ、ソフトウェアなどについて理解し、IT関連の用語や概念を把握します。

この資格は、IT業界に進む前段階や、一般のビジネスパーソンにとっても重要な基礎知識を習得するために役立ちます。

Webライティング技能検定

Webライティング技能検定は、Web上での文章の執筆能力が高いことを証明した資格です。

SEO対策やコンテンツマーケティングを意識した文章の書き方や、読者のニーズに合わせた伝え方を学びます。

Webサイトやブログ、SNSなど、インターネットを活用した情報発信に従事する方にとって重要な資格です。

webライテイングを学びたいという人は、オンラインスクールで学ぶのもおすすめです。

「Webライターの仕事が気になる」
「文章を書くのは苦手だけど、学んでみたい!」

「手に職をつけて家で働きたい!」
こんなあなたには、プロから直接ライティングの技術を学ぶ
オンラインスクールが最適です。

\プロのライターから確実に技術を学べる

プロの添削で実力がグングン上がる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけで詳しい情報が得られます。

Google広告認定資格

Google広告認定資格は、Googleが提供する広告プラットフォームを効果的に運用するスキルを証明する資格です。

このGoogle広告とは、オンライン広告の主要な手段として広く使われており、この資格を持つことで、効果的な広告キャンペーンの企画・運用、効果測定、コンバージョン最適化などが可能となります。

ウェブ解析士

ウェブ解析士は、ウェブサイトのアクセス解析を行い、データを元にサイトの改善策を提案するスキルを持つ資格です。

Googleアナリティクスなどのツールを使用し、ユーザーの行動分析やトラフィックの評価を行います。

ウェブサイトの運用やマーケティング戦略において、効果的な意思決定を行うための重要な知識となります。

CCNA

CCNAは、Cisco社が提供するネットワーク技術に関する資格の一つです。

ネットワークの基礎知識から、ルーティング、スイッチング、セキュリティなどの高度なスキルまでをカバーします。

ネットワークエンジニアやITサポート技術者にとって、ネットワーク機器の設定やトラブルシューティングのスキルを向上させるための重要な資格です。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、webサイトのデザインとユーザーが使いやすい設計力を評価した資格です。

デザインの基本から、HTMLやCSSを用いた実践的なスキルを身につけます。

ユーザーに親しみやすく、誰でも使いやすいWebサイトのデザインを学ぶことで、WebデザイナーやWebクリエイターとしてのキャリアを築くことができます。

未経験からでもWebデザインのスキルを学べる

相談は無料!プロから学べる

詳細はコチラから
≫≫Fammママwebデザイナースクール

“女性が食いっぱぐれない資格”は、なぜ「女性向け」なの?

女性が食いっぱぐれない資格

“食いっぱぐれない資格”の中でも、ご紹介した資格が女性向けの理由を解説します。

  • 女性が有利の業界
  • 女性の感性を活かせる仕事

女性が有利の業界

女性が食いっぱぐれない資格

女性が多い業界は、もともとの女性の採用率や昇格率が高いため、その業界で有効な資格を取ることは、とても有利だといえます。

資格があれば、給料アップも狙えますよ!

厚生労働省が発表した「令和3年度版働く女性の実情調査」によると、女性が多い業界は以下のとおりです。

  1. 医療・福祉:654 万人(女性雇用者総数に占める割合 24.1%)
  2. 卸売業・小売業:518 万人(同19.1%)
  3. 製造業:296 万人(同 10.9%)
  4. 宿泊業・飲食サービス業:203 万人(同7.5%)

参考)令和3年度版働く女性の実情調査|厚生労働省

令和2年度に比べると、雇用者数の増加が最も大きい業界は、医療・福祉の分野だそうです。(前年差 14 万人増、前年比 2.2%増)

次に、この結果を職業別で見ていきます。

  1. 事務従事者:802 万人(女性雇用者総数に占める割合 29.5%)
  2. 専門的・技術的職業従事者:558 万人(同 20.5%)
  3. サービス職業従事者:491 万人(同 18.1%)
  4. 販売従事者:347 万人(同 12.8%)

参考)令和3年度版働く女性の実情調査|厚生労働省

男性は、専門的・技術的職業従事者が580万人と最も多いため、この結果から分かることは、女性は事務関係の仕事が有利だということです。

先ほど紹介した資格は、全て専門的な知識が必要なので、資格が取得できれば仕事に困ることはありません。

しかし、資格を取得するのは、簡単ではありません。

そのため、独学ではなく、スクール(オンラインスクールを含む)で勉強することをおすすめします。

先ほどの資格の中であれば、「医療事務認定実務者(R)試験」は事務の仕事に直結する資格なので最もおすすめです。

女性の感性を活かせる仕事

女性 食いっぱぐれない 資格

女性ならではの感性を活かす仕事であれば、女性の採用率も高くなり、仕事を見つけやすくなります。

例えば、Webデザインやイラストレーターなど、クリエイティブな仕事がおすすめです。

クリエイティブな仕事は、独学で技術も磨くこともできますが、オンラインスクールで学ぶ方がおすすめです。

講師からの添削もあるため、自分の技術を最短で伸ばすことができますよ!

ママ専用スクールが登場

\1カ月でWebデザインのスキルを学ぶ!/

詳細はコチラから
≫≫Fammママwebデザイナースクール

資格を在宅ワークに活かすには「Webライティング技術」を身につけよう

食いっぱぐれない 資格 女性

資格を取得し、それを在宅ワークに活かすためには、ライティング技術を身につけましょう。

Webメディアには、正確な情報を届ける義務があります。

特に近年では、その傾向がより強くなりました。

多くのWebメディアでは、専門的な知識を持った人が求められています。

そのため、監修者や執筆者には、知識を持つ、専門家が必要です。

専門家である分、単価も高い傾向にあります。

ライター業界の中でも、近年は特に「あなたの専門分野は?」と聞かれることが増えています。

在宅ワークやWebライティングという言葉が浸透しつつある現代では、ライターの人数が増えてしまい、飽和状態にあるため、専門分野や専門知識で差別化を図ろうという流れが顕著になっています。

そのため、資格は、とても強力な武器になります。

文章を書くのが苦手な人でも、Webライティングには”型”があるので、それを学べば、最短で技術を取得することができます。

Webライティングは、Webライティング技術を活かして、仕事を得て活躍している先輩から直接学べるオンラインスクールがおすすめです。最短で目指しましょう!

その中でも、記事代行の会社であるYOSCAが運営している「あなたのライターキャリア講座」が一番おすすめです。

えだまま

自分が書いた文章を添削してくれるので、確実に実力が上がりますよ!私は、クライアントとしてYOSCAから仕事をいただいたことがありますが、外注ライターにも丁寧に指導してくださりました。気になる方は、5秒で完了する無料の資料請求がおすすめです。

「Webライターの仕事が気になる」
「文章を書くのは苦手だけど、学んでみたい!」

「手に職をつけて家で働きたい!」
こんなあなたには、プロから直接ライティングの技術を学ぶ
オンラインスクールが最適です。

\プロのライターから確実に技術を学べる

プロの添削で実力がグングン上がる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけで詳しい情報が得られます。

まとめ|女性におすすめの資格を取得して人生の基盤を作ろう

女性におすすめの“食いっぱぐれない資格”を紹介してきました。

本記事の内容をまとめていきましょう。

  • ライフイベントが多い女性にとって資格は”安定基盤”になる
  • 資格の取得は勉強が必要
  • 難しい資格であればあるほど難易度も高くなる
  • 資格の取得はスクールがおすすめ!最短で資格が取得できる
  • 資格とライティング技術をかけ合わせれば、在宅ワークでも高収入を狙える

このように女性にとって、資格は就職や転職に有利になるだけではなく、妊娠や出産などのライフイベントを迎えたときでも、仕事を諦めることなく続けられる“スキルの証明”です。

人生を豊かにするのは、自分しかいません。

資格を取得して、人生の幅を広げるためにも、まずチャレンジしてみるのをおすすめします。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次