【初心者向け】在宅ワークの始め方やメリット・デメリットを具体的に解説

在宅ワーク 見つけ方
  • 育児や介護で家から出れないけれど仕事がしたい
  • 家に居ながらでお金を稼ぎたい、自立したい
  • 時間と場所が関係ない仕事をしたい

近年、流行っている「在宅ワーク」は、これらの悩みを解決する新しい働き方です。

しかし、「在宅ワークのメリットやデメリットは?」「在宅ワークで収入を上げる方法は?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、あなたの不安を解消するための以下の情報を解説します!

この記事で解決できる悩み

在宅ワークの基礎知識
在宅ワークのメリット・デメリット
在宅ワークで人気の職種
在宅ワークでスキルや収入をアップをする方法
在宅ワークの仕事の見つけ方
誰でもできる在宅ワーク

本記事の読了時間は、10分程度です。もちろん、気になる部分だけ読むのもOKです。

えだまま

本記事は、Webライター歴5年(最高月収60万円)のえだままが解説します。在宅ワークでお金を得るためには、何よりも情報収集が重要です。無料登録のクラウドソーソングなどに登録し、どのような仕事があるのか、まずは知るところから始めましょう。

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」
「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

目次

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、言葉のとおり、自宅などのオフィス以外の場所でインターネットを通じて仕事を行うことです。

在宅ワークは、近年急速に広まっている働き方の1つです。なんと、日本政府も積極的に在宅ワークを進めています◎

厚生労働省の発表によると、以下のような規定を定めているようです。

2020年までに、「テレワーク導入企業を2012年度比で3倍」、「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上」とする政府目標を設定。
(引用)テレワーク推進に向けた政府の取組について|総務省

テレワークとは、オフィス以外の場所で働くことを意味します。

ぴょんこ

在宅ワークは、テレワークに含まれる働き方のことです。

在宅ワークは、育児や介護などのさまざまな理由から「家から出れない」という人にとっては、社会とつながる接点にもなります!

女性の社会進出やワークライフバランスの観点からも、ぜひ取り入れて欲しいおすすめの働き方です。

リモートワークとの違い

在宅ワークと同じような意味合いで使われているのが、「リモートワーク」です。

リモートワークは、従業員やフリーランスがオフィス以外の場所で仕事を行う働き方を指します。在宅ワークと比較すると、より広い範囲を含みます。

また在宅ワークは、主に個人が業務委託として働くことを意味することが多いですが、リモートワークは会社員がオフィス以外で働くという意味合いで使われることが多い言葉です。

テレワークとの違い

テレワークは、「テレ(tele)」「ワーク(work)」というワードを掛け合わせ、「離れた仕事」という意味合いの言葉です。

職場の環境以外の場所から「離れて働く」という意味なので、在宅ワークやリモートワークとも、ほとんど意味は分かりません。

どちらかといえばリモートワークと同じような意味合いで使われることが多く、会社員がオフィス以外で働くことをテレワークといいます。

在宅ワークは、テレワークの中に含まれる働き方の一つです。

在宅勤務との違い

在宅ワークと在宅勤務は、どちらも「家で働く」という意味です。そのため、違いはほとんどありません。

在宅ワーカーとは?

在宅ワーカーとは、在宅ワークをする人を意味します

リモートワーカーとの違い

在宅ワーカーは主に自宅を拠点にして個人の業務を行う働き方です。

一方、リモートワーカーは場所に制約がなく、個人またはチームがオフィスを持たずに仕事を進める働き方を指します。

リモートワーカーは、在宅ワーカーよりも、柔軟性があり、チームの協力を必要とするケースが多いです。

会社員に使われる言葉のイメージですね。

内職との違い

内職とは、一般的には家庭内で手作業を行い、製品の組み立てや加工などをして報酬を得る形態を意味します。

PCやインターネットを使った仕事である在宅ワークと比べると、縫製などの手作業が多く、報酬が非常に低いという傾向があります。

在宅ワークのメリット

web ライター 稼げる よう に なる まで

次に、在宅ワークのメリットを以下の3つから解説します。

  • メリット①好きな場所で働ける
  • メリット②通勤時間がない
  • メリット③人間関係の悩みが少ない

在宅ワークを始める前に、しっかりと情報収集をして、自分に合っているかどうか確認しましょう。

メリット①好きな場所で働ける

在宅ワークでは、自宅やお気に入りの場所など、仕事をする場所が自分で選べるのが大きなメリットです。

自分が快適で集中できる場所を選択できるため、創造性や生産性の向上も目指すことができます。

また、リラックスした環境で働くことができるため、ストレスや疲労を軽減し、仕事に対するモチベーションを高める効果も期待できます。

私は、オフィスのざわざわとした私語がとても気になってしまい、集中できないタイプでした。そのため、自宅で仕事の環境を整えた後は、とても快適です。

メリット②通勤時間がない

在宅ワークは、通勤時間が不要です。

例えば、片道1時間で通勤していた場合、往復で2時間もかかるため、週5日勤務であれば、週に10時間以上も削減できます。

通勤にかかる時間やストレスを削減できるため、余力を残したまま仕事に向き合うことができます。

さらに、交通渋滞や天候に左右されるリスクが低減し、遅刻や欠勤のリスクを軽減することができます。

これにより、仕事に集中できる時間が増え、効率的な業務を遂行することが可能になります。

メイクをする必要もないので、寝起きから10分で仕事をしたりしますよ!(職種にもよりますが)メイクの仕方を忘れてしまうというのは、デメリットかもしれません…苦笑

メリット③人間関係の悩みが少ない

オフィス勤務には、人間関係の問題がつきものですが、在宅ワークでは、対面での対面コミュニケーションが減る分、ストレスやトラブルが少なくなる可能性があります。

さらに会社員の場合、オンラインでのコミュニケーションを通じて効果的にチームと連絡を取ることで、コミュニケーションが改善されるケースもあります。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットを以下の4つから解説します。

  • デメリット①自己管理が難しい
  • デメリット②業務の管理が難しい
  • デメリット③報酬が低い場合もある
  • デメリット④孤独感が募りやすい

メリットだけではなく、デメリットを理解した上で、在宅ワークを始めることも大切です。

デメリット①自己管理が難しい

在宅ワークでは、職場のように上司からの指示や催促などがありません。

そのため、効率的なスケジュール作成やタスクの優先順位付け、時間の使い方など、業務における自己管理が最も重要となります。

サボっても怒られることがないので、自分自身のモチベーションを維持し、誘惑に負けずに集中力を保つことが課題となります。

フリーランスの場合、体調管理も自己管理に含まれます。

体調を崩してしまったら、その分、収入の減少に直結するため、体調管理も自己管理の一つです。

デメリット②業務の管理が難しい

在宅ワークは、職場のようにリアルタイムでチームとコミュニケーションを取ることがないため、プロジェクトや業務の進捗管理が課題となります。

そのため、チームで仕事をしている人は、情報共有やコラボレーションのツールを効果的に使い、チーム全体がタスクの進行状況を把握しやすい環境を整えることが重要です。

個人で在宅ワークをしている場合は、締め切りから逆算して、いつまでに仕事を終えるのか、業務のタイムスケジュールをしっかりと管理しましょう。

複数の業務を請け負った場合は、優先順位をつけて、納期に遅れないように業務を管理することが求められます。

デメリット③報酬が低い場合もある

在宅ワークは、オフィス勤務よりも報酬が低いことがあります。

競争が激しい仕事や競合が多い案件の場合、価格競争により報酬が下がる可能性があることも、覚えておきましょう。

特に現代では、在宅ワークの人口が増えているため、高いスキルを持った人も大勢います。

適切な報酬を受け取るためには、自己のスキルや経験を適切に評価し、交渉力を持つことが大切です。

最初は低い単価でも、実績を積み重ねていくことが大切だと思います。在宅ワークが広がり、仕事の幅が広がっている分、仕事の数もたくさんあります。まずは行動してみましょう。

デメリット④孤独感が募りやすい

在宅ワークは1人で作業を行うことが多いため、”孤独感が募りやすい”という傾向があります。

会社員の場合は、日常的なコミュニケーションが不足し、チームとの直接的なコミュニケーションや交流が限られることから、ストレスやモチベーション低下につながることがあります。

こうした状況を解消するためには、定期的なオンラインミーティングやチームでの作業などを導入することで、孤独感が軽減する可能性があります。

1人で仕事をしている場合は、フリーランス同士の横のつながりを作るなどして、仲間を作ることが重要です。

SNSが発展した現代では、Twitterなどで同じ境遇の人を見つけやすいというメリットがあります。そのため在宅ワークを開始した際は、SNSアカウントを作って、ストレスがかからないようにアカウントを運用してみるのもおすすめです。

“ゆるくつながる”というのも息抜きになるかも知れません。

在宅ワークの事前準備に必要なもの

在宅ワークは主にPCを通して行われます。そのため、事前準備するものとしては

  • PC(Webカメラ付きのものがおすすめ)
  • インターネット回線

の2つを準備して、スムーズな作業ができる環境を整えましょう。

PCは、Web面接があることも考えて、Webカメラ付きのものを選びましょう。

在宅ワークに人気の職種5選

在宅ワークでは、Web系の仕事をするのがおすすめです。

Web系の仕事は、在宅ワークにうってつけです。

他の職種と比べても報酬額が高く、スキルを磨けば、会社員以上の収入を得ながら、時間と場所に縛られずに働くことができます。

ここでは、在宅ワークで人気の職種を5つ紹介します。

①Webライター

②Webデザイナー

③Webプログラマー

④動画編集者

⑤マーケッター

少し専門性が高いかも知れません。どれも高単価が得られる在宅ワークです。

①Webライター

Webライターは、インターネット上で掲載される、Webサイトのコンテンツ記事などの文章を作成する職種です。

Webサイトの記事、ブログ記事、SEO用のキーワード記事、広告コピーなど、さまざまなコンテンツを執筆します。

SEOとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示させるための対策のことです。

インターネット集客には欠かせない知識となります。

専門知識を持つ場合もありますが、一般的にはさまざまな分野に対応するフリーランスとして活躍することも多いです。

Webライターは、的確な情報を伝えることが求められます。

文章の表現力や読みやすさ、SEO対策などにも配慮しながら、読者に価値を提供するコンテンツを提供します。

時にはデータや専門知識を調査・収集し、信頼性の高い記事を執筆することもあります。

コンテンツの需要が高まる中で、Webライターの需要も拡大しており、クライアントのニーズに合わせた高品質なコンテンツ制作が求められています。

②Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトやアプリのデザインをする職種です。

視覚的な要素を重視し、ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)を向上させることが主な目標です。

デザインのスキルだけでなく、HTML、CSS、JavaScriptなどWebに関する幅広い知識を持つことが求められます。

Webデザイナーは、ブランドイメージやデザインガイドラインを考慮しながら、WebサイトやWebアプリのレイアウト、色彩、アイコン、画像などをデザインします。

またユーザビリティやアクセシビリティにも配慮し、ユーザーが快適にサイトを利用できるよう工夫します。

モバイルフレンドリーなデザインやレスポンシブデザインなど、異なるデバイスに対応するスキルも重要です。

③Webプログラマー

Webプログラマーは、Webサイトやアプリの開発を専門とするプログラミングのエキスパートです。

フロントエンドとバックエンドの両方の開発に精通している必要があります。

HTML、CSS、JavaScript、Python、PHP、Rubyなどのプログラム言語を使い、Webアプリケーションの機能を実装します。

Webプログラマーは、クライアントの要件やデザインに基づいて、Webサイトやアプリの動作を実現します。

セキュリティ対策やデータベースの設計、テストなど、高度なスキルと細心の注意が求められます。

Web技術の進化が速いため、常に最新の知識を持ちながら、効率的でセキュリティの高いコードを書くことが重要です。

④動画編集者

動画編集者は、映像素材を編集して完成度の高い動画コンテンツを制作する専門家です。

近年、インターネットの普及により動画コンテンツの需要が急増しており、YouTubeやSNSなどでの動画の活用が一般化しています。

企業やクリエイターが映像を用いて情報発信やストーリーテリングを行うため、動画編集者の役割はますます重要になっています。

動画編集者の仕事は、カット編集、音声編集、エフェクト追加、タイトルや字幕の挿入、トランジションの設定など、さまざまな技術を駆使して映像を編集することです。

クリエイティブなアイディアと映像の構成力を持ちながら、クライアントや視聴者のニーズを満たす動画を作り上げるのが仕事です。

また動画編集者は映像編集ソフトウェアを熟知しており、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどのプロフェッショナルなツールを使いこなします。

編集だけでなく、カラーコレクションや音声調整、VFX(ビジュアルエフェクト)の導入など、幅広いスキルが求められます。

品質の高い映像を制作することで、視聴者に感動や共感を与え、コンテンツの人気やシェアを促進させる仕事です。

⑤Webマーケター

マーケターは、製品やサービスの販売促進やブランド認知を高めるための戦略を立案し、実行する専門家です。

顧客のニーズや市場動向を分析し、ターゲットオーディエンスに対して適切なメッセージや広告を展開します。

デジタルマーケティングの進化により、オンライン広告やSNSマーケティングが重要性を増しており、マーケッターの役割は多岐にわたります。

マーケッターは、市場調査や競合分析を行い、製品やサービスのポジショニングを確立します。

その上で、ターゲットオーディエンスの興味を引くコンテンツやキャンペーンを企画し、適切なプラットフォームを活用して展開します。

データ分析や効果測定も重要な要素であり、ROI(投資対効果)を最大化するために、戦略の修正や改善を行います。

マーケターは、消費者の心理を理解し、巧妙なストーリーテリングとコンテンツ制作能力を持ちながら、数字やデータに裏付けられた意思決定を行います。

また、SEO対策、SNS広告、メールマーケティングなど、デジタルマーケティングのスキルも求められます。

効果的なマーケティング活動を通じて、企業やブランドの成功に貢献することがマーケッターの使命です。

在宅ワークの始め方!仕事を見つけよう

在宅ワークの仕事を見つける方法を3つ解説します。

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • 企業のWebサイト

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネットを介して、複数の個人や企業がオンラインプラットフォームを通じてプロジェクトを依頼し、その仕事を外部のフリーランスや在宅ワーカーに委託する仕組みです。

クラウドソーシングの利用者は、仕事のアウトソーシングを通じて、必要なスキルや専門知識を持つフリーランスを探し、効率的にプロジェクトを進めることができます。

逆に、在宅ワーカーやフリーランスは、自身のスキルや経験を活かして、さまざまなプロジェクトに参加することができます。

クラウドソーシングのメリットとしては、グローバルな人材を簡単に活用できること、プロジェクトの柔軟な拡大・縮小が可能であること、コスト削減が見込めることなどが挙げられます。

また、個人のスキルや成果が評価されることで、優秀なフリーランスは多くの仕事を受注できる可能性が高まります。

有名なクラウドソーシングは、以下のとおりです。

クラウドソーシングプラットフォームは、在宅ワーカーやフリーランスが仕事を見つける手段として非常に便利です。

スキルや経験に応じた多様な仕事に参加することができます。

初心者可の仕事がたくさんあるので、実績を積むことで、信頼性を高めれば、より多くの仕事を受注できます。

求人サイト

近年では、多くの求人サイトに「在宅ワークの仕事」という特集を組んでいることもあります。

大手の求人サイトにも、在宅ワークの求人が掲載されています。

またインターネットで探す際は、「在宅ワーク 求人」というキーワードを入力して探してみましょう。

自分の所在地がGoogleに認識されている場合は、自分の家から近い範囲での求人が表示されます。

企業のWebサイト

企業のWebサイトに、「求人」「採用」というページがあるので、そこから直接応募することもできます。

在宅ワークに必要なスキルは?未経験でもできる?

AI SAKUBUN 文章作成

結論からいえば、在宅ワークには必ず必要なスキルというものはありません

「未経験可」の仕事もたくさんあるので、経験がなくても仕事はできます。

しかし「未経験可」の仕事は、応募する人も多くなるため、倍率が上がります。そのため、落選する可能性が高くなります。

しかし、そこで重要なのは、「在宅ワークで仕事をする」と決めて、諦めずに行動することです。

30件以上の仕事に申し込んでも、受からないこともあります。しかし、これはたまたま縁がなかっただけで、決して”自分が否定された”わけではありません。諦めずに、一緒に頑張りましょう!

収入アップにもつながる!在宅ワークのスキルアップ術

SAKUBUN 作文 AI 言葉

結論からいえば、在宅ワークでスキルアップを図るためには、オンラインスクールがおすすめです。

オンラインスクールは、在宅ワークで収入を得られるように、講座を組んでいることがほとんどです。

初心者用にコースを作成しているので、未経験からでも、十分にスキルを得ることができます。

また、さまざまなコースを用意しているスクールもあるので、勉強していく中で、「これを学びたい」と思った際に、スキルチェンジすることも可能です。

さらにオンラインスクールは技術を得られるだけではなく、メンターがいるので相談できるのもメリットです。

在宅ワーカーは、家で1人で仕事をするのが基本ですが、弱音や不安が出るときもあります。

そんな時はメンターに、不安な気持ちや思っていることをそのまま伝えてみましょう。

彼らは大先輩であり、先生です。同じ境遇から、どのように、メンターにまでスキルを上げたのか聞くだけでも勉強になります。

その気持ちを吐き出す場所、聞いてくれる人というのは、大きな支えになります。

時間がない人でもできる!スキマ時間におすすめの在宅ワーク

次に、時間がない人でもできる、スキマ時間にオススメの在宅ワークを5つ紹介します。

  • アンケート
  • データ入力
  • 文字起こし
  • ポイ活
  • フリマアプリ

アンケート

アンケート回答は、手軽で時間の融通が利く在宅ワークの一つです。

アンケートサイトに登録し、自分のプロフィールに基づいたアンケートが届きます。

質問に答えるだけでポイントや報酬を獲得できるため、通勤時間や待ち時間などのスキマ時間に取り組むことが可能です。

少ない時間で手軽に収益を得ることができるため、副業としても人気があります。

データ入力

データ入力は、PCやスマートフォンを活用して文字や数字の入力を行う在宅ワークです。

特別なスキルを必要とせず、コツコツと正確に入力することが求められます。

専門知識が不要なため、主婦や学生など幅広い層が取り組むことができます。

細かい作業が苦手な方でも、集中して取り組むことで収入に繋げることができます。

文字起こし

文字起こしは、オーディオやビデオの音声を文字に起こす作業です。

会議や講演の録音データ、YouTube動画などの音声ファイルを聞きながら文字化していきます。

正確な文字起こしを求められるため、集中力や耳の聴き取り能力が重要です。

自分のペースで取り組めるため、スキマ時間を活用して挑戦するのに適しています。

ポイ活

ポイントサイトを利用したポイント活動(ポイ活)は、アンケート回答や広告の閲覧、ショッピングなどを通じてポイントを貯めることで、現金やギフト券と交換できる在宅ワークです。

日常的なネットサーフィンやショッピングをポイントに変えることができるため、忙しい日常にスキマ時間を活かしてお得に収益を得ることができます。

フリマアプリ

フリマアプリを使った在宅ワークでは、不要な物品を販売することで収益を得ることができます。

自宅に眠っている不要な服や家電、アクセサリーなどを写真に撮り、アプリに出品します。

オンライン上で取引が行われるため、いつでもどこでも自分のペースで出品や取引ができます。

また、リサイクル活動としてもプラスの影響を与えることができます。

これらの在宅ワークは、忙しい日常の合間やスキマ時間を活用して、収入を得ることができる魅力的な選択肢です。

自分の生活スタイルや時間に合わせて、無理なく取り組むことで、効果的に収益を得ましょう。

在宅ワーカーになるために心構けてほしいこと

在宅ワーカーになるために、心がけて欲しい3つのことを解説します。

  • 働くことを諦めないでほしい
  • 一つひとつをコツコツと積み重ねてほしい
  • “1円”を生み出すことが力になることを体感して欲しい

働くことを諦めないでほしい

「在宅ワークをしたい」「在宅ワーカーになりたい」とそう思うまでには、さまざまな葛藤や出来事があったと思います。

辛いことがある中で、それでも「働きたい」「仕事がしたい」と思った、その瞬間の気持ちをぜひ忘れないでください。

働くことは、人生に選択肢と豊かさを与えてくれます。

在宅ワークは、特に、人生の幅を広げてくれる働き方です。

何歳になっても、どうか働くことを諦めないで欲しいと思っています。

一つひとつをコツコツと積み重ねてほしい

最初の内は、仕事が得られずに辛い時期を過ごすかもしれません。

在宅ワークに限らず、最初から、すんなりと上手くいくことは、なかなかありません。

最初の辛い時期は、学びの時期だと思って、積極的にいろいろなものに挑戦してみましょう。

経験がないからこそトライできるという強みもありますよ!

“1円”を生み出すことが力になることを体感して欲しい

1円を産むのは、本当に大変です。

特に0からの挑戦であれば、1円を得たときの感動は大きいです。

1円を積み重ねていくことで、100円、1000円、1万、10万円と大きな報酬につながります。

この最初の1円が、あなたの人生を、新しい場所へ連れていってくれるはずです。

その時まで諦めずに努力してみましょう。

まとめ

本記事をまとめていきましょう。

  • 在宅ワークは、家で仕事をすること
  • 在宅ワーカーは、家で仕事をする人のこと
  • 在宅ワークはスキルや経験が不要でも挑戦できる
  • 報酬を上げるには、スキルアップが必須
  • 在宅ワークのスキルアップにはオンラインスクールがおすすめ
  • アンケートやデータ入力などスキマ時間に取り組める在宅ワークもある

在宅ワークは、日本政府も推奨している働き方です。

近年の社会情勢で、急速に拡大しましたが、今後も定着する働き方といわれています。

求人数も増えています。そのためスキルアップを目指せば、会社員並の報酬を得ることも可能です。

スキルアップし、人生の選択肢を広げるためにも、本記事を活用してください。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。

また自身の経験を生かして、稼げるwebライターになるためのリアルな情報を発信中。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次