ママでも正社員の在宅ワークはできる?仕事選びのポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

共働きをする考え方が一般的になっている昨今。

ママも子育てをしながら働いている家庭が増えています。

とはいえ、外に出てフルタイムではなかなか働くことができないため、「家にいながら働ける在宅ワークがしたいなあ」と考えるママも多いのではないでしょうか?

しかし、「やっぱり正社員のほうが安定していい」と思っている方も多いでしょう。

そこで本記事では、「在宅ワークができる正社員の仕事」について、あなたの不安を解消するような情報を解説します!

この記事で解決できる悩み

ママが正社員として在宅ワークで働くときのポイント
ママが正社員として在宅ワークで働くときの具体的な職種
正社員以外でもできる在宅ワークの職種

えだまま

本記事は、在宅ワーク歴5年のえだままが執筆しています。本記事は、初心者向けに専門用語などを使わず、分かりやすい文章で解説しています。

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」
「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

目次

ママが正社員として在宅ワークをすることはできる?

結論からいうと、ママが正社員として在宅ワークで働くことは可能です。

しかし、一般的に正社員は毎日出勤して勤務することが多い中、在宅ワークだけで仕事を探すと仕事の選択肢が狭まってしまいます。

さらに、子どもが小さいと「長期的な研修を受けるのが難しい」「子どもが体調を崩して急に休まなくてはいけない」ということが発生するため、さらに選択肢が狭くなってしまいます…。

えだまま

2歳児を育てている筆者も、Webライターという職種だから在宅ワークができていると感じています。

そのため、ママが正社員として在宅ワークをすることは可能ですが、在宅ワークでの働き方は正社員以外の道も選択肢にいれておくのがおすすめです◎

正社員にこだわらず、幅広い選択肢の中から在宅ワークの仕事を選ぶことが大切です。

ママが正社員として在宅ワークで働くときの3つのポイント

ママが正社員として在宅ワークで働くときのポイントは以下の通りです。

  • フルリモート勤務で働くことができるか
  • フレックスタイムが採用されているか
  • 長期研修がないかどうか

それぞれのポイントについて、以下で詳しく解説します。

1.フルリモート勤務で働くことができるか

求人募集で在宅ワークを探すときは、フルリモートでの在宅ワークが可能かどうかをチェックしましょう。

フルリモートではない場合、「週◯日間は出勤してください」のような勤務形態になってしまうこともあり、子育てとの両立が難しくなってしまうケースもあります。

ぴょんこ

フルリモート=在宅ワークです◎最近では、フルリモートの仕事も増えてきているので、選択肢も広がっていると思います。

2.フレックスタイムが採用されているか

在宅ワークを探すときはフレックスタイムが採用されていると、より働きやすい環境で仕事をすることができます。

フレックスタイムを採用している場合は、定められた総勤務時間内を達成することができれば、いつ働いても問題ありません。

子どもの送り迎えの時間が終わってからの勤務や、子どもが熱を出してしまったときなどでも柔軟に対応することができるのです。

最近はフレックスタイム制を取り入れている企業も増えていますので、探してみるといいでしょう。

3.長期研修がないかどうか

未経験から正社員になる場合、長期的な研修ののちに在宅ワークになることも珍しくはありません。

長期研修をみっちり行う企業である場合は子育てとの両立が難しくなってしまうでしょう。

中でもプログラミングなどの専門的な知識を必要とする仕事においては長期的な研修は必ずありますので注意が必要です。

くまきち

長期研修に加えて、地方出張や単身赴任などがないかも事前に確認しておきましょう。

ママが正社員として働く在宅ワークの主な職種

ママが正社員として働く在宅ワークの主な職種は以下の通りです。

  • 事務
  • カスタマーサポート
  • Webライター
  • テレアポ
  • データ入力

それぞれの職種について、以下で詳しく解説します。

1.事務

IT事務や貿易事務、営業事務、事務サポートなどの事務系の職種は在宅ワークで働くこともできるため、活躍しているママも多くいます。

事務系の仕事はExcelやWordなどの使い方がわかる程度の基本的なPCスキルで行うことができるため、未経験でもチャレンジしやすいです。

2.カスタマーサポート

お客様の悩みを解決するカスタマーサポートは在宅ワークで行うことも可能です。

カスタマーサポートはメールや電話、チャットなどで主にサポートすることになるため、在宅ワークの場合は通信環境が整っていることが必要となります。

また、騒音がないことが条件になっていることも多いため、子どもが一日中家にいる環境では難しい場合もあるでしょう。

3.Webライター

Webライターは指定されたキーワードやテーマに沿って文章を執筆する仕事です。

出社して作業をする必要がないため在宅ワークで行われることが多く、ママも活躍しやすい環境となります。

Webライターとは、Webメディアの記事に掲載する文章作成をするのが主なお仕事です。

作業時間も自由なことが多いので、主婦のスキマ時間や副業でも始めやすいでしょう。

ただ文章作成と言っても、実際は単純な仕事ではなく、Web上で検索上位に上げるためには、ライティングのテクニックが必要です。

また、ライターとしてのライティングスキルに加え、以下のような付加価値になるスキルも重要です。

  • SEO(Googleなどの検索で上位表示させる技術)に特化した文章力
  • 文章だけでなくHTMLが書ける
  • 取材や撮影ができる
  • WordPressを使用できる

このようなスキルがあるWebライターであれば、正社員の仕事にも就きやすくなります。

とはいえ未経験では、このようなスキルを1人で身につけるのは大変です。

そこでおすすめなのが、オンラインスクールです。

とくにwebライターの初心者におすすめのwebライティングスクールは、「あなたのライターキャリア講座」です。

こちらは記事代行会社のYOSCAが運営しているWebライティングスクールです。実践的なスキルをプロの添削を受けながら学習できるのがメリットです。

カリキュラムの詳細などが載っている資料請求は無料なので、まずは気軽な気持ちで資料請求してみましょう◎

こちらの記事で、講座の受講生の評判を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

4.テレアポ

テレアポやメール・電話などを使ったインサイドセールス(内勤営業)は在宅ワークで行われることも多いです。

ただし、こちらも電話を使う場合は子どもが一日中家にいる環境では難しい場合もあります。

5.データ入力

データ入力は会社のさまざまなデータをオンラインに落とし込んでいく仕事です。

単純作業ですが、企業情報をまとめたり、アンケート結果をデータ化するなど重要な業務となるため、求人募集も多くみられます。

ママは正社員以外で在宅ワークをすることもおすすめ

時間や行動が制限されやすいママの場合は正社員ではなく、フリーランスとして在宅ワークをする人も増えています。

最近ではオンラインスクールなどが充実しているため、完全未経験であってもフリーランスとして活躍できる環境が整っているのです。

フリーランスで在宅ワークをする場合、自分の好きな時間や場所で働くことができ、納期についてもある程度は自由に調整できるため、ママが働くには最適の環境となります。

派遣社員などでも、在宅ワークの仕事があるので、いろいろな求人サイトを登録して、求人を見つけてみましょう。

ママの在宅フリーランスにおすすめの仕事

ママの在宅フリーランスにおすすめの仕事は以下の通りです。

  • ブログ
  • Webライター
  • 動画編集
  • データ入力

それぞれの仕事内容について、以下で詳しく解説します。

1.ブログ

ブログは在宅フリーランスのママにもおすすめの仕事です。

誰かから依頼を受けたり雇われたりする仕事ではなく、エックスサーバーやロリポップなどのレンタルサーバーを借りて自分自身で集客から収益化までを行う仕事となります。

GoogleアドセンスやAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトなどのアフィリエイトで収益を得る方法が主な稼ぎ方です。

ブログで稼ぐためには、Googleなどの検索エンジンで上位表示するためのSEO対策を学ぶ必要がありますが、プログラミングなどに比べれば短い期間で学ぶことができます。

また、ブログ運営で得た知識をWebライターや商品販売などにも活かすことができます。

2.ライティング

ライティングは、企業のホームページや個人ブログなどのコンテンツの作成を代行する在宅ワークとなります。

在宅ワークの代表的な仕事となり、案件も豊富にあるため未経験でもチャレンジしやすいことが特徴です。

ただし、ライティングの案件ではSEO対策の知識が必要になる場合がほとんどであるため、SEO対策を学ぶことは欠かせません。

また、初心者向けのライティング案件では細かく指示が書かれているデータを渡してくれることも多いため、実際に仕事をしながらライティングについて学ぶこともできます。

3.動画編集

動画編集の需要は高まっているため、ママにもおすすめの在宅ワークです。

動画編集といえば、10分ほどのYouTube動画にテロップや効果音などの仕事をイメージする人も多いですが、最近はYouTubeのショート動画やTikTokの動画の需要がとても高いため、少ない時間でも動画編集をすることができるようになりました。

ショート動画であれば、スマホのアプリだけでも問題なく動画編集することができますので、動画編集が好きだという方にはとてもおすすめです。

4.データ入力

データ入力は、Googleなどの検索エンジンで調べた企業情報をまとめたり、アンケートの内容などをExcelやWordなどにデータを入力していく在宅ワークです。

ExcelやWordなどのツールの基本操作やある程度のタイピングスキルがあれば仕事にすることができます。

また、案件によってはスマホだけでも行うことも可能です。

スマホのデータ入力に関しては、こちらの記事でまとめているのでぜひ参考にしてくださいね。

ママでも正社員の在宅ワークはできる?まとめ

この記事では、ママが正社員として在宅ワークで働くときのポイントや具体的な職種、さらには正社員以外でもできる在宅ワークの職種について詳しく解説しました。

正社員の在宅ワークは案件が少ないうえに条件の揃う仕事がないことも多いため、在宅フリーランスも検討してみると満足いく条件で仕事をすることができるはずです。

ママが正社員として在宅ワークを成功させるためには、フルリモート勤務の可否、フレックスタイム制度の有無、必要なスキルをオンラインで学べるかが鍵です。

事務、カスタマーサポート、Webライターなど、在宅でできる職種は多岐にわたります。

未経験からスタートしても、適切な研修や学習機会を利用すれば、在宅で専門的なスキルを身につけることが可能です。

在宅ワークの正社員は、狭き門かもしれませんが、できないわけではありません!

まずはいろいろな道を検討しながら、情報収集をしてみましょう。

ぜひこの記事を参考にして在宅ワークを見つけてみてください。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次