在宅ワークで月収15万円以上を稼ぐ仕事8選!求人の探し方やおすすめのWebサイトも解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
在宅ワーク 月収15万円以上 稼ぐ 方法
悩む人

育児で忙しいけれど生活費がカツカツで将来が不安…

悩む人

貯金したいけれど外に出て働けない…

このようなお悩みは、在宅ワークで解消しましょう!

この記事で解決できる悩み

在宅ワークで月収15万円以上稼げる?
在宅ワークで稼げる仕事8選
在宅ワークの仕事を探す方法
在宅ワークの仕事探しにおすすめのwebサイト

本記事では、扶養から外れて、経済的に自立できる「月収15万以上」という目標に沿って在宅ワークに関する情報をまとめました。

「月収15万円以上」というのは、在宅ワークをする上でも大きな目安になる数字です。

えだまま

本記事は、Webライター歴5年(最高月収60万円)のえだままが解説します。在宅ワークでお金を得るためには、何よりも情報収集が重要です。無料登録のクラウドソーソングなどに登録し、どのような仕事があるのか、まずは知るところから始めましょう。

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」
「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

目次

在宅ワークで月収15万円以上稼げる?

在宅ワーク 月収15万円以上 稼ぐ 方法

結論からいうと、在宅ワークで月収15万円以上稼ぐことは可能です。

ただし、在宅ワークなら何でも稼げるわけではありません。

在宅ワークで効率よく稼ぐには、単価の高い仕事を選ぶことが大切です。

在宅ワーク初心者でもOKな仕事としては、内職やアンケート回答、文字起こし、テスト採点などがあります。

しかし、これらの仕事は低単価なものが多く、慣れていないと作業時間も膨大になってしまいます

もちろん、資格や学歴を問わず普通の主婦でもできるというメリットはあります。

しかし時給換算したら、販売のアルバイトのほうが良かった…なんてことにも。

低単価の仕事を受注していては、月収15万円を達成するのは難しいのが現実です。

そこで報酬の見合った、効率の良い仕事探しがカギとなるのです。

「副業で月3万円を稼ぎたい」「育児と両立しながら稼ぎたい」「ママでも経済的に自立したい」このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

在宅ワークで月収15万円以上稼げる仕事8選

在宅ワーク 月収15万円以上 稼ぐ 方法

在宅ワークで月収15万円以上稼げるかどうかは、選ぶ仕事次第です。

ここでは、月収15万円稼げる可能性が高い仕事8種類を紹介します。

  • Webライター
  • Webエンジニア
  • Webデザイナー
  • ECショップ運営
  • 動画編集(YouTuber)
  • ドローン操縦者
  • アフィリエイト
  • 在宅のコールセンター

Webライター

在宅ワーク未経験者が、最もチャレンジしやすい職種といえるのがWebライターです。

webライターは、資格や学歴を問わない案件が多く、全くの未経験からスタートすることも可能です。

Webメディアの記事に掲載する、文章作成がWebライターの主なお仕事。

作業時間も自由なことが多いので、主婦のスキマ時間や副業でも始めやすいでしょう。

ただ文章作成と言っても、実際は単純ではありません。

Web上で検索上位に上げるためには、ライティングのテクニックが求められます。

そのため、始めてすぐに高単価案件を取るのは難しいことも。

また、ライターとしてのライティングスキルに加え、以下のような付加価値になるスキルも重要です。

  • SEO(Googleなどの検索で上位表示させる技術)に特化した文章力
  • 文章だけでなくHTMLが書ける
  • 取材や撮影ができる
  • WordPressを使用できる

このようなスキルがあるWebライターであれば、高単価につながりやすいです。

とはいえ未経験では、このようなスキルを1人で身につけるのは大変。

高単価案件の取れるWebライターになるなら、オンラインスクールを活用しましょう。

webライターの初心者におすすめのwebライティングスクールが、「あなたのライターキャリア講座」です。

こちらは記事代行会社のYOSCAが運営しているWebライティングスクールで、実践的なスキルをプロの添削を受けながら学習できるのがメリットです。

カリキュラムの詳細などが載っている資料請求は無料なので、気軽な気持ちで資料請求してみましょう◎

こちらの記事で、講座の受講生の評判を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「Webライターの仕事が気になる」
「文章を書くのは苦手だけど、学んでみたい!」「手に職をつけて家で働きたい!」
こんなあなたには、プロから直接ライティングの技術を学ぶ
オンラインスクールをおすすめします

\プロのライターから確実に技術を学べる

プロの添削で実力がグングン上がる

資料請求は5秒で完了!

メールアドレスを入力するだけ!

Webエンジニア

在宅ワークで特に高単価なジャンルなのが、Webエンジニアです。

月収15万円どころか、プロのエンジニアであれば月収40万以上が一般的となります。

具体的にはWebサイトの機能の開発や保守を行うのがWebエンジニアの仕事です。

専門的なプログラミングスキルが求められるため、知識と経験が必要になります。

最近では、プログラミングを独学する人も珍しくはありません。

ただ企業からの高単価案件では、実務経験や学歴を問われることも。

独学の知識のみで高単価案件を任されることは、ほぼありません。

上手くいけば高年収につながる職種だからこそ、スキルが肝心となります。

そこでWebエンジニアを目指すならオンラインスクールがおすすめです。

短期間でWebエンジニアデビューを目指して、効率的に学習しましょう。

webエンジニアにおすすめのオンラインスクールは、デイトラです。

こちらは実践的なスキルが、業界最安値の価格で学べます。SNSでも多くの受講生が、実績を投稿しているので、安心して学習できますよ。

デイトラのコースやカリキュラムなどについては、こちらの記事でまとめているのでぜひ参考にしてくださいね。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトの見た目と機能面を考慮したデザインを作る人です。

デザインの提案だけではなく、実際にコーディングも行いWebサイトを制作します。

Webエンジニアと同様に、高単価ですが専門知識やスキルが必要になる職種です。

独学でもスキルを学べますが、かなり時間がかかるのが現実です。

月収15万までには長い道のりになるでしょう。

エンジニア、デザイナーともに、IT化の進む社会ではニーズの絶えない仕事です。

ただ知識や経験、スキルを独学だけで身につけるのは大変です。そこでメンターがいたほうが成長しやすいでしょう。

Webデザイナーに必要なスキルは、オンラインスクールなら効率良く学べます。

ECショップ運営

在宅ワークでモノを販売するなら、ECショップ運営というやり方もあります。

販売したいものがあるなら、自身で仕入れをしてECショップをオープンする選択肢も。

もしくは企業から、ECショップの設計や運営を請け負うという働き方もあります。

こちらも独学でもある程度は運用可能なのですが、売れる店になるかは話が別。

売れるECサイトの機能や導線設計には、やはり知識が必要です。

ECサイトの運用システムで、有名企業でもよく使われているのが「Shopify(ショッピファイ)」です。

とはいえ在宅ワーク初心者にとっては、Shopifyを触るだけでも難しく感じることも。

ECショップは直接売上の発生するところなので、専門的な知識があったほうが安心です。

初心者には、オンラインスクール・デイトラのShopifyコースがおすすめです。

経験豊富なメンターが、ストア構築から営業まで幅広くサポートしてくれます。

動画編集(YouTuber)

Youtuberという仕事が一般的になった近年、需要が右肩上がりな在宅ワークが、動画編集(Youtuber)です。

Youtuberとして自身が動画に出るパターンもあれば、編集のみ請け負うこともできます。

どちらにしても、動画編集スキルは必須になってきます。

多くのYoutuberは自分で編集まで行っている方も多いです。

ただ動画編集には時間がかかるので、編集のみ外部に依頼することもあるのです。

動画編集は、一般の方が独学で身につけることも多くなってきています。

ただやはり、Youtubeで高再生数を稼ぐ編集方法にはコツがあるのです。

短期間で稼げる動画編集スキルを身に付けるなら、オンラインスクールがおすすめ。

デイトラの動画編集コースでは、基礎からYoutubeに特化した編集方法までを学べます。

卒業後すぐ副業で稼げるよう、営業方法などのレクチャーも充実。

メンターへの質問も1年間は受け付けてくれて、手厚いサポート体制です。

ドローン操縦者

ドローン操縦者という職業は、まだ聞き慣れない方も多いかもしれません。

こちらは動画編集者やYoutuberと共に、近年需要が増えてきている仕事です。

厳密にはドローン操作には、必ずしも免許が必要ではありません。

ただドローンに関しては道路交通法など様々な法律や、都道府県ごとの条例があります。

ドローン操縦には危険やトラブルも伴うので、専門知識が必須なのです。

国土交通省の発行するUAS Level2技能認証があれば、専門知識の証明になります。

動画制作などを企業から請け負う場合にも、このような資格があるほうが優位です。

1人では学びづらいドローン操縦は、オンラインスクールで学びましょう。

デイトラのドローンコースでは、商用パイロット試験の合格をサポートします。

合格後には、「UAS Level2技能認証カード」「10時間飛行履歴証明書」が発行されます。

これらは、あなたの技術を証明するものなので、クライアントに提出することで、安心感を与え、仕事につなげることも可能です。

アフィリエイト

在宅ワークで月収15万を目指すなら、アフィリエイトという方法もあります。

これは自身でブログやSNSを運用して、アフィリエイト広告で収入を得ることです。

あなたのブログやSNSを通して商品が販売された場合、その分の広告料が支払われるというものです。

いわゆる「広告収入」ですね。

アフェリエイト広告で有名なのは、「A8ネット」「もしもアフェリエイト」などのサービスプロバイダーです。

これらのサービスプロバイダーを通し、自分の媒体に広告を掲載します。

以前はブログが一般的でしたが、最近はSNSでマネタイズする人も増えています。

どちらにしても集客力のあるサイトやSNSの運用ができていることが、大前提。

まずはブログやSNS運用のスキルを伸ばすことも必要になるジャンルです。

在宅のコールセンター

リモートワーク化が進み一般的になってきているのが、在宅のコールセンター業務です。

これは企業やECサイトなどの電話受付を、自宅で請け負うことです。

クラウドソーシングや一般の求人サイトなどでも募集が多い職種です。

時給制の場合が多く、安定した収入を得られるというメリットがあります。

専門知識が求められるかどうかは、クライアントの業種によるでしょう。

主婦でもチャレンジしやすいのが魅力ですが、注意点もあります。

それは長時間電話対応をすることになるので、静かで通話に適した環境が必要なこと。

お子様やペットがいる空間では業務しづらいので、環境を整えられる人向きです。

えだまま

こちらの記事で在宅コールセンター業務をしていた人たちの体験談をまとめています。リアルな声があるので、ぜひ参考にしてくださいね!

「副業で月3万円を稼ぎたい」「育児と両立しながら稼ぎたい」「ママでも経済的に自立したい」このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

在宅コールセンターの仕事を探せるWebサイト

老若男女が勤務できる職場情報を数多く掲載

在宅ワークの仕事の見つけ方

在宅ワーク 月収15万円以上 稼ぐ 方法

在宅ワーク初心者にとっては、どこで仕事を見つけるか不思議に思うかもしれません。

在宅ワークは基本的には、以下のようなところで見つかることが多いです。

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • SNS

特に在宅ワーカーが多く利用しているのが、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングは人材が必要な企業と、個人をつなぐプラットフォームです。

使い方はプロフィールを登録して、無数にある仕事情報に応募するだけ。

報酬支払などもクラウドソーシングのシステム上で行われます。

システムへの手数料はかかりますが、気軽に誰でも利用できるのがメリットです。

ロボタ

クラウドワークスなどが有名ですね。無料登録で仕事を探せますよ。

一般的な求人サイトでも、最近は在宅ワークの募集を多く見かけるようになりました。

コロナ禍でリモートワークが一般的になった影響も大きいでしょう。

一般事務などでも、在宅で募集があったりするのでチェックする価値はあります。

その他ではSNSで求人募集をする企業も!好きなメディアやブランドに関われるチャンスになるかもしれません。

高単価の求人を探すのにおすすめの求人サイト

在宅ワーク 月収15万円以上 稼ぐ 方法

在宅ワークを探すにはクラウドソーシングや求人サイトなどが便利です。

その中でも、高単価の求人を見つけやすいサイトを紹介します。

サグーワークス

サグーワークスは、Webライターに向けたクラウドソーシングサイトです。

SEOコンサル事業なども行っている、株式会社ウィルゲートが運営しています。

記事作成代行に特化しているので、Webライターの募集が豊富なのが特長。

独自のテストに合格すると「プラチナライター」として高単価案件を受注できます。

プラチナライターの中には、月18万円近く稼いでいる方も。

登録企業も4,000社以上あり、Webライターならまず登録したいサイトです。

クラウドワークス

クラウドワークスも有名なクラウドソーシングサイトのひとつです。

ライター以外の案件も豊富なのが特徴で、色々な仕事の募集が毎日追加されています。

Webデザイナー、Webエンジニア、ECショップ運営、動画編集など案件はさまざま。

ライター以外の在宅ワークで稼ぎたい方にもおすすめです。

ぴょんこ

未経験者は、まずクラウドワークスでアンケートの回答などに取り組むのがおすすめです。

報酬は依頼企業によって様々ですが、高単価案件も多くあります。

登録者も多いので、充実したポートフォリオで実績を見せることが大切になるでしょう。

オンラインスクールで学んだ内容や制作物などで、スキルを証明するのも有効です。

\無料登録で案件をチェック/

コールセンター専門求人サイト「プルル」

プルルはコールセンター専門の求人サイトです。

注目したいのは、「リモートワークOK特集」があること。

在宅ワークが可能なコールセンターの求人を一覧でチェックできます。

件数が多いわけではないのですが、コールセンター求人を探すなら要チェックです。

時給は1200円〜1500円程度ですが、「週◯回」など安定して稼げるのが魅力ですね。

\詳細はコチラをチェック/

SNSを活用して求人を探すのもおすすめ

在宅ワーク 月収15万円以上 稼ぐ 方法

新型コロナウイルスの影響や、ライフスタイルの変化に伴い、多くの企業がリモートワークを導入しています。

そのため、企業もSNSアカウントを活用して、求人を募集する機会も増えています。

SNSでの求人を探すときは、専用のハッシュタグを使用しましょう。

例えば、「#在宅ワーク」「#求人」などのハッシュタグで検索することで、多くの求人情報を見つけることができます。

webライターであれば「#webライター募集」などのハッシュタグもよく使われています。

直接、採用担当者とやりとりができるので、単価交渉や疑問の解消などがスムーズにできますよ。

その他のメリットも見ていきましょう。

企業のSNSアカウント運用も増えている

現代では、若者から高齢者まで幅広い層がSNSを利用しています。

それは企業側も同じです。

最近では、「企業の公式アカウント」に加えて「採用担当者のアカウント」「人担当者のアカウント」など、企業側もアカウントを分けて有効活用するようになっています。

そこで、SNSを通して求人を募集する機会も増えてきました。

直接やりとりでコミュニケーションがスムーズにできる

SNSでは、企業の採用担当者と直接にコンタクトを取ることができます。

DMやコメント機能を活用して、気になる求人情報に対して疑問点を問い合わせたり、自己PRをすることが可能です。

企業の雰囲気が掴める

SNSは、企業の公式サイトとは異なり、日常の風景やスタッフの声などリアルな情報を発信している場合が多いです。

これにより、企業の文化や雰囲気を事前に知ることができ、自分に合った求人を見つけやすくなります。

在宅ワークで月収15万円以上を稼ぐまとめ

本記事では、在宅ワークで月収15万円以上を稼ぐ方法をお伝えしてきました。

在宅ワークで月収15万円以上を稼ぐためには、“仕事選び”がとても大切です。

また、それに見合ったスキルも必要となります。

在宅ワークで月収15万円以上稼ぐには、未経験者がすぐにできるようになるわけではありません。

自分の目標を掲げ、それを達成するためには、スキルアップが重要です。

本記事では、そのためにオンラインスクールを紹介しています。

オンラインスクールでは、案件の獲得方法から案件の紹介まで、スキルアップだけではないサポートも行ってくれます。

ぜひ本記事を参考にしてあなたの人生を変える一歩を踏み出してみましょう。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次