在宅ワークは儲からない?いくら稼げる?実態と収入を得る方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

在宅ワークは儲からないって聞いたけど本当?

悩む人

在宅ワークはいくら稼げるのかな?

近年、急拡大している在宅ワーク。「在宅ワークで稼ぎたい!」「在宅ワークで生計を立てたい!」と思っている人も多いですよね。

しかし、「在宅ワークは本当に儲かるのかな?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、あなたの悩みを解消するために、以下のような情報を詳しく解説します!

「在宅ワークで人生をもっとより良くしたい」という方は、ぜひ参考にしてくださいね◎

この記事で解決できる悩み

在宅ワークで儲けるのが厳しい実態と理由
在宅ワークで収入を上げる方法
在宅ワークで高収入が得られる5つの職種

えだまま

本記事は、Webライター歴5年(最高月収60万円)のえだままが解説します。在宅ワークでお金を得るためには、何よりも情報収集が重要です。無料登録のクラウドソーソングなどに登録し、どのような仕事があるのか、まずは知るところから始めましょう。

「副業で月3万円を稼ぎたい」「育児と両立しながら稼ぎたい」「ママでも経済的に自立したい」このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる
\在宅ワークを探せるWebサイト/

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

目次

在宅ワークってどんな働き方?

在宅ワーク 儲からない

在宅ワークとは、言葉通り、出社を必要とせず自宅で完結する仕事のことです。

テレワークやリモートワークとも呼ばれており、近年ではリモートワークの普及などにより一般的になっています。

最近の在宅ワークは、Webで完結するものがほとんどです。Webライターやデザイナー、エンジニアなどは在宅ワークの代表的な職種です。

資格やスキルが必要な仕事が多いですが、中には主婦がチャレンジできる仕事もあります。

単価は低めですが、誰でもできるデータ入力や内職なども在宅ワークの1つです。

副業として始める人が増加中

在宅ワークは、“出社ナシ”というメリットを活かし、副業で始める方も多い傾向にあります。

主婦業の合間や、企業でフルタイムの仕事をしている人が休日に作業するケースも。

時間と場所を選ばない在宅ワークなので、誰でも空き時間に始めやすい働き方です。

人によっては、転職をせずとも収入アップできる可能性もあります。

在宅ワークは儲からない?←正直厳しい

あるデータによると、2013年時点での全国の在宅ワーカーは約126万4千人でした。(推計)

しかしその平均月収はというと、5万円以下が最も多い結果に。

次いで10〜19万円という結果からも、在宅ワークの一般的な収入が低いことが推測されます。

ぴょんこ

これはコロナ禍の前の数値なので、今はもっと増えていると思われます。が、実態はこのくらいだと考えておいたほうが良いでしょう。

126万4千人中、専業で在宅ワークを行っている人は91万6千人。

在宅ワークを専業にしている人が多いにも関わらず、全体的な収入は低い印象です。

このデータで月収30万円を超えている人は、22.3%と2割程度に留まっていました。

5〜10万円台は副業としては悪くない収入ですが、生計を立てるには不安ですね。

手取り20万円以下であれば、一般的な販売職などのほうが高収入になりそうです。

扶養家族がいたり、家賃支払いがある人には正直かなり厳しい収入でしょう。

(参考:在宅ワークの実態-三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社「在宅就業調査」(平成24・25・26年度厚生労働省委託事業)より- )

子育て中のママでも在宅ワークで生計を立てる方法は、以下の記事でまとめています。

分かりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

在宅ワークが儲からない理由

全ての方が儲からないわけではないですが、在宅ワークの平均的な収入は少ない傾向です。

在宅ワークが儲からないのには、以下のような理由があります。

単価が低い

在宅ワークは出社がなく好きな時間にできる分、単価が低いものも多いです。

特に誰でもできるレベルの仕事だと、かなり低単価なものも見られます。

例えば、文字起こし、内職、アンケート回答、簡単なデータ入力などがよくある例です。

案件によりますが、例えば50分程度の動画文字起こしで報酬は1000円以下などの事例も。

単純な文字起こしでも慣れていなければ、予想以上に時間がかかります。

時給換算したらコンビニのレジのほうが高収入だった…なんてことも少なくはありません。

応募者が多くて仕事に受からない

子育て中のママさんなら、誰しも在宅ワークに憧れたことがあるのではないでしょうか。

実際に主婦向けのクラウドソーシングサイトもあり、在宅ワークは子育て層に人気です。

それもあってクラウドソーシングでの募集は、常に応募者が多く競争率が高め。

特にスキルや資格を求められない案件ほど、応募数が跳ね上がることが多いです。

100人前後いる応募者の中から選ばれる、ということも実際によくあります。

選考する側はその中からスキルや実績のある人を選ぶので、仕事に受かるのも簡単ではありません。

そもそも仕事が簡単にもらえないことも、在宅ワークが儲からない理由の1つです。

在宅ワークで収入を上げる方【月5万円も可能】

一般的に儲からないとされる在宅ワークですが、上手にやれば稼ぐ方法もあります。

そのためには、単価を上げて依頼される在宅ワーカーになることが重要。

高単価で依頼の絶えない在宅ワーカーとは、以下のような条件を満たす人です。

スキルを上げる

クラウドソーシングなどで求人をする企業は、一定のスキルのある人を探しています。

当然ですが、在宅ワークが初めてでPC操作できない人よりは、スキルの高い人を採用するでしょう。

必要なスキルは応募したい案件にもよりますが、最低限のPC操作はまず必須といえます。

さらにWebライターであればライティング、デザイナーやエンジニアなども専門スキルが重要です。

在宅ワークはほとんどの場合で、スキル重視で採用されると考えても過言ではありません。

依頼する内容を高いレベルで短納期で仕上げられるかどうか、で判断されるのです。

在宅ワーク初心者にはハードルが高いと感じるかもしれませんが、解決策もあります。

最近ではオンラインスクールでも、ライティングやデザイン、動画編集など様々なスキルが学べます。

専門スキルを上げていけば仕事が取りやすくなり、高単価にもつながります。

オンラインスクールも活用して、諦めずに稼げる在宅ワーカーを目指しましょう。

専門性を上げる

どんな仕事でも、専門性が上がるほど高収入になるものです。

「この人にしかできない」という強みがあれば、在宅ワークも高単価につながります。

例えば同じWebライターでも、ある分野において専門家レベルの知識がある方は優位です。

お金・ビジネス・美容・海外情報など、専門分野のあるライターは高収入になる傾向があります。

特定の分野で専門性が高ければ、一般の方が知らない情報を提供できるのです。

これはデザインやエンジニアリングなど、他の職種でも同様です。

専門のジャンルがあり、他の人にはない知見が提供できるというのは稼げる在宅ワーカーのポイントです。

実績を作る

在宅ワーカーとして駆け出しの際にまず考えたいのが、実績を作ることです。

クラウドソーシングでは過去実績を見られることも多く、実績は何より大事。

職種によってはポートフォリオ提出も求められます。

在宅ワークが初めてなら、まずは割り切って単価の安い仕事で実績を積むのも手です。

ポートフォリオとして提示できる材料が多いほど、仕事を依頼してもらいやすくなります。

在宅ワークで高収入が得られる5つの仕事

内職など単純作業では儲からない在宅ワーク。

ではどんな仕事であれば、在宅ワークでも稼げるのでしょうか。

以下の5つの仕事はフリーランスで生計を立てる人も、比較的多い在宅ワークです。

レベルの差はそれぞれありますが、憧れの高収入在宅ワーカーを目指すなら知っておきましょう。

Webエンジニア

Webエンジニアは、Webサイトの機能面やアプリの開発を行う仕事です。

専門性がかなり高いだけあって、在宅ワークの中でも高収入の方が多い傾向にあります。

フリーランスで専業にしている方は、平均月収40万以上が一般的。

専門スキルによっては月収100万を超えるケースもあるでしょう。

ただプログラミングの知識が求められるため、普通の主婦が急に始めるのは難しいです。

未経験からWebエンジニアを目指す場合、スクールなどでまずはスキルを身に付けましょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトの見た目や配置、導線などユーザーの体験を設計する仕事です。

エンジニアにも少し似ていますが、よりデザインの要素が強くなります。

収入に個人差はありますが、スキル不要の在宅ワークに比べるとやはり高単価です。

とはいえデザインスキルは、一朝一夕に身に付くものではありません。

Webデザインの場合はコーディングも必要になるので、こちらもスキルが重要となります。

未経験者は独学で学ぶより、オンラインスクールなどで効率的に学ぶことがおすすめです。

子育て中のママにおすすめのwebデザインスクールは「Famm」です。以下の記事で、受講生のリアルな声をまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

Webライター

Webライターは、Webメディアの記事を書く仕事です。

「文章は誰でも書けるから簡単」と思われがちですが、意外とスキルが求められます。

特にWebメディアの場合、検索上位に上げるためのSEO知識が必須なことがほとんど。

さらに文章だけでなく、HTMLやWordpressの操作スキルが必要なケースもあります。

ただ、SEOやコーディングができる方は、高単価案件が取りやすいのも事実。

さらに専門性が高いと、専門分野のメディアで比較的高単価の依頼が発生しやすいです。

webライティングのおすすめのスクールは、記事制作代行業者のYOSCAが運営する「あなたのライターキャリア講座」です。

あなたのライターキャリア講座」では、プロから直接添削が受けられるため、「自分のどこが弱点なのか」「自分の得意な文章の形」などを教えてもらえます。

プロからの指摘は、自分を技術を最短で伸ばしてくれます。

こちらの記事で、「あなたのライターキャリア講座」の口コミをまとめました。よければぜひ参考にしてください。

動画編集

動画編集も「稼ぎやすい」といわれている在宅ワークの1つです。

Youtuberや企業のPRからの依頼で、動画を編集するのが主な仕事。

Adobe Premierなど専門ソフトの操作が必要になるので、こちらもスキルは必要です。

また、編集にはデザイン的なセンスも求められます。

しかしSNSでもショート動画の普及が進み、動画編集者の需要は増え続けています。

簡単なものでも動画編集のスキルがあれば、在宅ワークの依頼につながりやすいのです。

初心者はオンラインスクールでも学べるので、「動画を見るのが好き!」「編集してみたい!」と思う人はチャレンジしてみる価値があります。

ECショップ運営

ECショップ運営も在宅ワークでの働き方の1つです。

自分のECショップを立ち上げることも可能ですが、運営を依頼されるケースもあります。

ECショップ運営には専用のシステムがあり、操作スキルが必須となることが多いです。

代表的なものでは、ShopifyやEC Forceなどがあります。

これらは有名企業でも多く使われているシステムなので、これらを使ったショップ構築ができれば、強みになります。

ぴょんこ

デイトラというオンラインスクールの「Shopifyコース」は、プロから直接スキルを学べるのでおすすめです。業界最安値級の価格も魅力です。

ECショップ運営はただショップを開くのではなく、売れる店づくりが肝心。

初心者はオンラインスクールなども活用し、販売スキルを学ぶとよいでしょう。

おすすめのオンラインスクールは、デイトラです。こちらの記事でまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

在宅ワークは儲からない?まとめ

在宅ワークとは、出社を必要とせず、自分で完結させる仕事です。

とくに在宅ワークを副業として始める人が増えています。

在宅ワークで儲けるのは、正直厳しいというのが現状です。

単価が低かったり、応募者が多くて仕事に受からなかったりすることがほとんどです。

在宅ワークで儲けるためには、選ぶ仕事がなによりも大切です!

また在宅ワークで収入を上げるために、スキルを上げたり、専門性を上げたりすることも重要なポイント。そのためには、オンラインスクールの受講をおすすめします。

ぴょんこ

いろいろなオンラインスクールがあるので、まずは無料の説明会を参加して情報収集をしてみましょう!不安を解消して、納得した上で受講するのが成功の鍵です◎

ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる
\在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次