20代女性の在宅ワークにおすすめの仕事20選【求人の探し方も解説】

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

20代女性の在宅ワークにおすすめの仕事は何だろう。今から挑戦できるかな?

コロナ禍でリモートワークが一般的になったこともあり、浸透してきた在宅ワーク。

「20代ママでも在宅ワークはできるのかな?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

結論からいえば、20代の女性やママでも在宅ワークはできます。

そのためには、なによりも仕事選びが大切です。

そこで本記事では、あなたの悩みを解消するために、以下のような情報を解説します◎ぜひ参考にしてくださいね!

この記事で解決できる悩み

在宅ワークのメリット
20代女性に在宅ワークでおすすめの仕事20選
在宅ワークの仕事の探し方
在宅ワークでキャリアアップをする方法

えだまま

本記事は、Webライター歴5年(最高月収60万円)のえだままが解説します。在宅ワークでお金を得るためには、何よりも情報収集が重要です。無料登録のクラウドソーソングなどに登録し、どのような仕事があるのか、まずは知るところから始めましょう。

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる
\在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

目次

20代は「在宅ワークを望んでいる」という実状

20代女性 おすすめ 在宅ワーク

在宅ワークというと、「家から離れられない主婦に人気」というイメージがあるかもしれません。

しかし、最近では20代も在宅ワークを望む傾向にあります。

以前は在宅ワークができる20代というと、ITスキルがある人に限られるイメージでした。

しかしコロナ禍以降、一般事務などでもフルリモート体制を取る会社が増えています。

ぴょんこ

時代の変化もあり、業種や業態を問わず、在宅ワークを取り入れる企業も増えています。

企業としてもオフィスの維持費や交通費の負担が減るため、在宅ワーク側にもメリットがあります。

職種や企業の社風によっても捉え方は異なりますが、一昔前より増えているのは事実!

「在宅ワークで時間を有効に使いたい」という20代女性は、どんどんチャレンジしてみましょう。

ぺんた

20代の女性やママにもチャンスが広がっていますよ!

在宅ワークのメリットとは?

20代女性 おすすめ 在宅ワーク

在宅ワークのメリットには、以下の3つがあります。

  • 通勤時間を好きなことに使える
  • 人間関係のストレスが少ない
  • 多少体調が悪くても負担にならない

在宅ワークでは出社の必要がないので、「通勤時間がなくなる」のが大きなメリット。

家から会社まで往復2時間かけていたとしたら、その時間を自由に使えます。

また、在宅ワークではWeb会議がメインで、直接人と会わなくて済むのも特長です。

同じ空間に他人がいないだけでも、対人ストレスは激減しますよね。

向き不向きはありますが、人付き合いが苦手なタイプなら特に在宅ワークはおすすめです。

おねえさん

HSPの気質を持つ女性にはとくにおすすめの働き方です。

また、通勤がないので多少体調が悪くても、自分のペースで働けるという一面も。

持病があったり、生理痛がひどいなど健康面に不安がある方でも、負担が少なくて済みます。

20代女性の在宅ワークにおすすめの仕事・職種

在宅ワークには色々な種類がありますが、その中でも20代におすすめな仕事を紹介します。

若い世代だからこそできる在宅ワークで、高収入を目指しましょう!

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、広く言うと「視覚的なデザイン」を作る仕事全般です。

例えば広告やパンフレットなど、目で情報を伝える媒体を指します。

フリーランスはもちろん、デザイン事務所や広告代理店、企業のPR部署などに所属することも多い職業です。

一般的にはアシスタントとして経験を積み、徐々に年収アップしていく方が多いでしょう。

スキルと実績次第で収入につながる仕事なので、実務経験が重要です。

免許があるわけではないですが、美大や専門学校でデザインスキルを学ぶ人が多く見られます。

CGデザイナー

CGデザイナーは、グラフィックデザイナーと似ているようで少し違います。

CGでは2Dまたは3Dのグラフィックを制作するので、主な媒体が異なるのです。

CGはチラシやポスターではなく、ゲーム、映画、アニメなどの映像制作に必要とされます。

また、建築や機械の設計でCGが使われることも多くあります。

専門性が高いため高収入につながりやすく、需要も安定している分野です。

システムエンジニア(SEO)

システムエンジニアは、あらゆるコンピューターシステムを構築する仕事です。

企業や医療機関、場合によっては行政のサービスなど、様々な顧客像が考えられます。

高年収の傾向がありますが専門性が高く、時にはトラブル対応などで激務になることも。

大学で情報学や理工学部を専攻したのちにSEの道に進む方が多いです。男性が多い業界ですが、最近は志望する20代女性も増えています。

プログラマー(PG)

SEに近いようで厳密には異なるのがプログラマーです。

SEは開発の上流工程を担当しますが、プログラマーはその下流工程であるシステム構築などが担当分野です。

JavaScript・Java・Pythonなどのプログラミング言語が必須になるので、こちらも専門知識が必要な職種です。

不具合修正である「デバッグ作業」など忍耐が必要な作業もあり、黙々とコーディングするのが苦にならない方に合っているでしょう。

Webライター

Webライターは、あらゆるWebメディアの記事となる文章を書く仕事です。

文章を書くだけの簡単な仕事と思われがちですが、実は専門的なスキルが求められます。

Webメディアの場合、検索上位に上げるためのSEO知識が必要です。

さらに文章と言っても、Web媒体で読まれるためには独自のテクニックも重要となります。

場合によっては、HTMLやWordpressの操作スキルが必要なことも。

フリーランスでも活動できますが、メディア事業を行っている企業や出版社のWeb部門などで活躍する人も多いです。

シナリオライター

シナリオライターは、あらゆる物語の物語の構成をライティングする仕事です。

映画や舞台、TVドラマ、アニメ、などの制作に関わることが多いですが、近年ではYoutube動画などでも需要が広まっています。

また、ゲームの台本を作るゲームシナリオライターという分野も。

オンライン動画コンテンツが広がりを見せている近年、どんどん需要の高まっている分野でもあります。

特に資格はありませんが、メディア関係の専門学校などを卒業するのも近道です。

Webディレクター

Webディレクターとは、Webサイトの構築で全体の総指揮を取るポジションのこと。

実務内容は多岐にわたり、スケジュール管理はもちろん、企画構成、予算管理、人材の管理、サイト内のコンテンツの管理など様々な仕事が内包されます。

ディレクターとしての管理能力はもちろんですが、デザインやエンジニアリングの知識が求められることも。

場合によってはコンテンツ用の取材や撮影に関わることもあり、幅広いスキルが求められます。

Webマーケティング

Webマーケティングとは、あらゆるデジタルコミュニケーションツールでの販促活動をおこなうことです。

Webマーケティングをする人のことを、Webマーケターと呼びます。

Webサイトはもちろん、SNSや広告媒体などを駆使し、商品の販売を促進します。

経営学部、商学部などマーケティングに関連する学部を卒業することも、Webマーケターへの近道です。

データ入力・文字起こし

データ入力や文字起こしは、学歴や経験に問わずチャレンジしやすい在宅ワークです。

インタビューや会議などの音声から、テキストに文字起こしをする作業です。

文字起こしは自動ツールを用いても、なかなか完全にはなりません。

そのため、文字起こしから自然な形へのリライトまでの依頼が多くあるのです。

単純作業ではありますが、スピードが求められるので慣れは必要です。

作業時間がかかればかかるほど低時給になってしまうので、タイピングの速さなどは求められます。

翻訳

グローバル化社会で需要が安定しているのが、翻訳の仕事。

これもテキストの翻訳であれば、在宅ワークで済むことが多いです。

英語に限らず、韓国語・中国語・スペイン語などあらゆる言語でニーズのある翻訳業。

書籍など出版物はもちろん、企業内で社内文書の翻訳をするケースなどもあります。

どちらにしてもプロとしては、ネイティブレベルの語学力を求められるのがポイントです。

留学で少し言語ができるくらいでは、本格的な出版物の翻訳などは難しいかもしれません。

媒体によっては高収入もあり得るので、バイリンガルの方であればおすすめな職種です。

ブログ運営

個人でブログ運営をして、広告収入を得るという働き方もあります。

クライアントワークではなく、個人で生計を立てたい人にも向いています。

自身でWordpressなどを使いブログを制作し、Googleアドセンスなどから収入を得ています。

これはブログへの訪問者および、広告のクリック数が多ければ多いほど儲かる仕組みです。

土台となるブログへの集客が肝となるため、SEOの知識が必須。

また、下記に挙げるアフィリエイトやSNS運用と併せて行う方も多い分野です。

アフィリエイト

上記のブログ運営や、自身のSNSなどでアフィリエイト収入を得る稼ぎ方です。

アフィリエイトとは広告プログラムの一種で、アフィリエイト・サービスプロバイダーの用意した広告リンクを自身のサイトなどに貼って行います。

そのリンクから商品を購入した方がいれば、自身にマージンが入る仕組みです。

こちらも、土台となるSNSやブログへの集客数が大きく影響します。

そのためSEOやSNS運用の知識と経験によっても、稼げるかどうかが変わってくるのです。

動画編集

動画編集も、近年需要が増えている在宅ワークのひとつです。

企業のPRからの依頼もあれば、自身でYoutubeチャンネルを運営する人もいます。

動画を編集するのが主な仕事なため、Adobe Premierなど専門ソフトの操作が必要です。

デザイン的なセンスや、場合によってはYoutubeやSNSでバズりやすい編集テクニックも求められます。

近年ではショート動画の普及が進んでいますが、企業のPR担当が動画編集が得意とは限りません。

そのため、動画編集者の需要は増え続けています。

初心者でもオンラインスクールなどで学べるので、チャレンジしてみる価値があります。

YouTuber

自身で動画を企画・制作し、Youtubeチャンネルを運営していくのがYoutuberです。

人気チャンネルは再生に応じて広告収入が発生するので、かなり高収入になる可能性も。

ただ競争率の高い業界であるため、企画力はもちろんファン化させるための独自性なども必要です。

収益化できているYoutuberのジャンルは多岐に渡り、料理・美容・お笑いなどのエンタメ・旅情報・ライフハックなど様々。

競合調査から念入りに行うことも、勝ち筋を見つけるカギです。

自身で撮影や編集を行う場合は、上記に挙げた動画編集スキルも必要になります。

SNS運用

SNS運用は、インスタやTwitterなどのSNSから収益を得る在宅ワークです。

ブログ運用やYoutube運用にも似た部分がありますが、媒体がSNSとなります。

こちらもYoutuber同様に、競合アカウントを調査しニーズのあるアカウントを企画することから始まります。

誰でもできるイメージがありますが、収益化するまでには大変な一面も。

大量のコンテンツを作成するため、動画や画像の制作スキルも求められます。

フォロワーを多く獲得できれば、アフィリエイトなどから収益化が可能です。

イラストレーター

イラストレーターは、その名の通りイラストを提供する仕事です。

企業の広告やWebサイト、出版物など依頼は多岐に渡ります。

また、最近ではSNSで自分のイラストを公開し、そこからフォロワーを増やすケースも。

イラストの販売や制作依頼、イラスト教室につなげるなど、可能性は様々です。

それ以外ではクラウドソーシングを通した依頼や、制作会社に所属することもあります。

ECサイト運営

ECサイト運営も、在宅ワークで一般的な働き方です。

販売したいものやサービスがあるなら、自分のECショップを立ち上げることも可能。

もしくは構築スキルがあれば、外部から運営を依頼されるケースもあります。

ECサイト運営では、専用のシステムを用いてのサイト構築スキルが必須です。

代表的なECサイト運営システムは、Shopify、EC Forceなど。

これらを使ったショップ構築ができれば、一般的なECサイトは作ることができます。

ただ、ECサイト運営はストア構築だけでなく、売れる店づくりも肝心。

オンラインスクールなどで、メンターから販売スキルを学ぶのもおすすめです。

心理カウンセラー

メンタルヘルスが重要視されている昨今、心理カウンセラーも注目の仕事です。

コロナ禍もあり、民間のオンラインカウンセリングサービスも増えています。

そういったサービスでカウンセリングを提供するのが、心理カウンセラー。

オンラインで完結するので、在宅ワークとして行なえます。

ただ専門的な職業なので、心理カウンセラーの資格が必要となります。

例えば公認心理士などは、大学の心理学科を卒業することで取得できる国家資格です。

必須資格はサービス提供会社によって異なりますが、資格取得に一定の時間が必要となる仕事と言えます。

大学ではなく民間の専門学校では、2年程度で修了できることが多いです。

占い師

あらゆるサービスのオンライン化が進み、占い師もオンライン鑑定が増えています。

オンラインや電話占いを提供する占い師も、在宅ワークのひとつと言えます。

占い師になるには、オンライン鑑定などを提供する会社に所属するのが一般的です。

中には個人で活動される方もいますが、稀に顧客とのトラブルが自己責任となるリスクもあります。

また最近ではYoutubeなどで占いチャンネルを運営する、Youtube占い師も人気です。

10万フォロワーを超える人気占い系Youtuberもおり、可能性は様々。

最近では占星術やタロットを学べるオンラインスクールも増えています。

本気で占いを仕事にしたい方は、勉強してみてもよいかもしれません。

ハンドメイド作家

手作りが趣味の方に向いているのが、ハンドメイド作家です。

例えばアクセサリーや洋服、ぬいぐるみ、絵画などが代表的。

自分の作った作品を、「ミンネ」や「クリーマ」などの個人販売サイトで販売します。

ただ最初から急にファンがつくものではないので、SNSなどでの集客も重要に。

最近ではSNS運用を戦略的に行ったうえで、そこから収益を伸ばしているハンドメイド作家さんが多い印象です。

販売できるレベルになるには、趣味を超えた一定のスキルやセンスが求められます。

「好き」を仕事にしたい方には、チャレンジしてみる価値のある在宅ワークです。

20代女性の在宅ワークにおすすめの求人の探し方

20代女性の在宅ワークにおすすめの求人の探し方を、以下の2つから解説します。

  • 安全な求人は大手の求人サイトから探そう
  • 在宅ワークに適したクラウドソーソングも活用しよう

安全な求人は大手の求人サイトから探そう

仕事を募集している会社が安全であることが大切です。

そのためには、大手の求人サイトから仕事を探しましょう。

<SNS経由などには、怪しげな在宅ワークもたくさんあります。リスクがある仕事をするのではなく、安心安全な仕事をすることが大切です。

運営元が安心のおすすめの求人サイトは以下の通りです。

在宅ワークに適したクラウドソーソングを活用しよう

初心者は、クラウドソーシングも活用しましょう。

クラウドソーシングとは、サイトを通して企業が個人に業務を依頼する仕組みのことです。

在宅ワーカーやフリーランスは、クラウドソーシングを使って、さまざまなプロジェクトに参加することができます。

クラウドソーシングのメリットは、企業側にとってはスキルのある人材を簡単に見つけられることや、受注側はいろいろな仕事を受注できるというメリットがあります。

有名なクラウドソーシングは、以下の2つです。

とくにクラウドワークスは、「10分以下のアンケートに答えるだけで50円」「ブログ記事を書くだけで3000円」「音声の文字起こしで2000円」「データ入力の仕事で1000円」など、“初心者OK”の仕事がたくさん掲載されています。

登録も無料なので、まずは気軽に登録してみて、どのような案件があるのか見てみましょう。

実績を積むことで、信頼性を高めれば、より多くの仕事を受注できますよ。

くまきち

クラウドワークスで生計を立てている人もいるほどです。とくに在宅ワーク初心者のママであれば、まずは案件に応募することが重要ですよ。まずは数を打つ!という考え方です◎

いろいろなクラウドソーシングに登録して、どのような仕事があるのかチェックしてみましょうね。

在宅ワークでキャリアアップする方法【単価を上げよう】

Webデザイン講座 Famm 講座 受講費 無料 キャンペーン

在宅ワークでキャリアアップするためには、自身のスキルを上げてることが、一番大切です。

在宅ワークで生計を立てるためにも、高単価の仕事をすることは必須!

そこで、このメディアでは、オンラインスクールの受講をおすすめしています。

オンラインスクールは、在宅ワークで収入を得られるように、カリキュラムを組んでいることがほとんどです。

未経験や初心者用にコースを作成しているので、安心してスキルを学べますよ。

また、さまざまなコースを用意しているオンラインスクールもあるので、勉強していく中で「これを学びたい!」と思った際にスキルチェンジすることも可能です。

さらにオンラインスクールはスキルが得られるだけではなく、メンター(講師)がいるのも大きな魅力です

スキルを学習するまでには、不安や弱音がつきものです。そんな時はメンターに不安な気持ちや思っていることをそのまま伝えてみましょう。

メンターは大先輩であり、あなたの先生です。最初はきっと同じ境遇だったとおもいます。そこからどうやってプロに至ったのか、それを聞くだけでも勉強になりますね。

そして分からないことをすぐに聞けるので、スキルの習得も早くできますよ◎

20代女性におすすめの在宅ワークまとめ

在宅ワークの需要が広がり、これまでにないような仕事まで、在宅ワークができるようになってきました。これは20代女性にとっても大きなチャンスです◎

スキルを磨き、在宅ワークで生計を立てられるようにしましょう。

家で働くことができれば、出産や妊娠など、女性ならではのライフイベントが来たときでも、慌てることがありません◎

むしろ、人生の幅が広がりますよ!

あなたの挑戦を応援しています。ぜひ本記事を参考にしてくださいね◎

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる
\在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次