専業主婦が経済的に自立するためにすべき“6つのステップ”を解説【夫から自立したい】

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩む人

経済的に自立したい!でも専業主婦だし不安…。

悩む人

専業主婦でも生計を立てられるかな…そのためには何をしたらよい?

夫婦であっても、一人ひとりが収入を得ながら、経済的に自立することはとても大切です。

ただ、「子どもが小さくて外に出て働けない…」「家族に介護が必要で家から出れない」など、さまざまな事情がありますよね。

筆者は、子どもが産まれて、育休が取れないタイミングだったので仕事を辞めることになりましたが、それにより夫の態度が大きく変わったという経験があります。(とてもショックでした)

そこで、まずは在宅ワークで少しずつ仕事をすることをおすすめします。

1円でも稼げたら、それは立派な、あなたの収入です。自立への大きな一歩となるでしょう。

この記事で解決できる悩み

なぜ専業主婦・主夫が経済的に自立することが大切なのか?
さまざまな働き方のメリットを解説
家事と仕事を両立するコツ
在宅ワークで高単価を得る方法

えだまま

本記事は、Webライター歴5年(最高月収60万円)のえだままが解説します。在宅ワークでお金を得るためには、何よりも情報収集が重要です。無料登録のクラウドソーソングなどに登録し、どのような仕事があるのか、まずは知るところから始めましょう。

この記事にたどり着いたあなたなら“できる”はずです!ぜひ本記事を、経済的に自立するための第一歩を踏み出してくださいね。

「副業で月3万円を稼ぎたい」
「育児と両立しながら稼ぎたい」
「ママでも経済的に自立したい」
このような願望をかなえるためには、在宅ワークをはじめましょう

今すぐ始められる在宅ワークを探せるWebサイト

業界ナンバー1のユーザー数443万人!

目次

専業主婦・主夫が経済的に自立することの重要性

専業主婦・主夫 経済的に自立したい

経済的自立とは、自分自身で生計を立てる能力を持つことを指します。

専業主婦の場合、家計は夫の収入に依存しがちです。

しかし、人生の中には、さまざまなことは起こる可能性があるため、経済的に自立することはとても大切です。

例えば、夫が急に働けなくなったり、給料がカットされたりしたらどうなりますか?

「生活できなくなる」「子どもの学費が払えなくなる」このような状態は、避けたいですよね。

自分たちの生活を守るためにも、自立を目指すということは、とても重要なことです。

それには、自分の収入源を持つことが大きな鍵となります。

夫婦間のパワーバランスが崩れる可能性も!対等な夫婦になろう

結婚後、専業主婦として生活する女性は多いです。

しかし、収入を全て夫に頼ることは、夫婦関係にも影響を与える可能性があります。

経済的な側面でのバランスがとれていないと、夫へのストレスや家庭内の問題が起こりやすくなるかもしれません。

パワーバランスが「夫>妻」となると、妻が言うことを聞かなきゃいけないという構図が出来上がります。

それでは、対等な夫婦とはいえません。

一方、少しでも収入を得ることで、夫婦間のバランスが取れ、より健全な関係が築けるようになります。

精神的に自立するためにも、収入を得て、経済的に自立しようという意識を持つことが大切です。

離婚時のリスクを考えよう。1人でも生活できる?

結婚生活には、予期せぬ事態が発生することもあります。

離婚はその一例です。専業主婦の場合、離婚後の生計が心配になります。

収入源がない場合、経済的な困難が待ち受けているかもしれません。

シングルマザーの貧困も問題となっています。

こういったリスクを減少させるためにも、専業主婦が経済的に自立することは、非常に重要といえるでしょう。

専業主婦・主夫が経済的に自立するための6ステップ

専業主婦・主夫 経済的に自立したい

専業主婦が仕事を始めることで、生活の質を向上させるだけでなく、家計の安定も手に入れることができます。

とはいえ、最初から「月に30万円稼ぐ!」「なんでも稼げるならやってやる!」という勇み足は危険です。

まずは、自分ができる範囲のことからコツコツと始めましょう。

ロボタ

本メディアでは、その方法として在宅ワーク(とくにwebライティング)をおすすめしています。

専業主婦や主夫の方々が経済的に自立を目指す際、どのようなステップを踏めば良いのでしょうか。

経済的自立とは、自分自身で収入を得ることで、生活を安定させることです。

ここでは、そのための具体的な6つのステップをご紹介します。

  1. 家計の状況を見直そう
  2. 経済的自立に必要な金額を明確にする
  3. 自分のスケジュールを見直そう
  4. 自分ができること・やりたいことを見つめ直そう
  5. 情報収集をしよう
  6. 実際に応募してみよう

各ステップは、現在の状況を見直すことから始めて、具体的な行動にうつるまでの過程です。

では、その方法を詳しく解説していきます!

家計の現状を見直そう!収入と支出のバランスはよい?

多くの専業主婦の家計は、主人の収入に依存しています。

この状態だと、急な出費や将来の計画に不安を感じることが多いでしょう。

例えば、マイホームを建てたいのであれば、2000万円以上が必要となります。この支出はどこから出ますか?

また、お子さんの教育費や老後の生活費も気になりますよね。

ぺんた

老後2000万円問題などが話題となりました。

自分自身で収入を得ることは、これらの問題を解決する大きな一歩となります。

そのためにも、現在の家計の状況をしっかりと見直しましょう。

まず、毎月の収支を明確にすることです。

家計簿をつけることで、どこにお金が出ていっているのかを把握することができます。

例えば、無駄な出費が多くないか、家計の中で節約できる部分はないか、といった点をチェックすることが大切です。

外食の頻度を減らすだけで、月に数千円の節約が可能な場合もあります。

経済的自立に必要な金額を明確にする

家計の状況を見直した後は、浮いたお金を貯金に回したり、投資に回すことも大切です。

近年は、つみたてNISAなどの制度も充実しているので、“お金に働いてもらう”という感覚を身につけましょう。

えだまま

筆者は、ジュニアNISAとつみたてNISAを運用しています。1000円からでもできますよ。無理ない範囲で、まずはやってみるという感覚を身につけることをおすすめします。

お金を貯めながら、自分が経済的に自立するためには、幾ら必要なのかを数字に落とし込みましょう。

例えば、以下のように算出することもできます。

自立前※旦那の収入で支払い自立後※半分を支払う
家賃10万円5万円
光熱費1万円5000円
食費5万円2万5000円
雑費3万円1万5000円
その他3万円1万5000円
合計22万円11万円

このように、これまでの生活費を半分払うという感覚で行けば、11万円があれば経済的に自立することができるといえます。

この「自立のために必要な金額」は人によってさまざまです。

そのため、まずは、じぶんがこれからどう生きていきたいのかを明確にして、そのために必要な金額を洗い出してみましょう。

ぴょんこ

理想でもOKです。具体的な数字に落とし込むことが大切です。それにより、脳内にイメージが広がります。

 自分のスケジュールを見直そう!一日で働ける時間は?

自立のためには、自分の時間をどのように使っているのかを見直すことが必要です。

専業主婦・主夫の方は、家事や育児、趣味などで忙しい日々を過ごしていますが、無駄に過ごしている時間はないでしょうか。

例えば、テレビを見る時間を減らし、その時間を短時間の仕事や資格の勉強にあてることで、将来の自立につながります。

また、あなたは一日の中で何時間働けますか?

この時間と、先ほど明確にした金額を割れば、時給や日給も見えてきます。

自分ができること・やりたいことを見つめ直そう

次に、自分の得意なことや興味を持っていることを見つめ直しましょう。

これまでの経験やスキルを活かした仕事を見つけることができれば、効率的に収入を得ることが可能です。

例えば、以前働いていた職種や、趣味の延長でできる仕事など、自分の強みを活かした職を選ぶことが大切です。

情報収集をしよう

現在の求人情報や資格に関する最新の情報を収集することは、自立のための大切なステップです。

インターネットや地域の求人情報誌、公共の職業安定所など、さまざまな情報源を活用しましょう。

特に、在宅ワークや短時間勤務の求人は、専業主婦・主夫の方に適している場合が多いです。

実際に応募してみよう

情報収集を行ったら、実際に仕事に応募してみましょう。

最初から完璧な仕事を見つけるのは難しいかもしれませんが、一歩踏み出すことが大切です。

面接時には、自分の強みやこれまでの経験をアピールすることで、採用される確率を上げることができます。

専業主婦・主夫が選ぶべき仕事の選択肢は?

専業主婦・主夫 経済的に自立したい

経済的自立を目指す専業主婦にとって、どのような仕事を選ぶかは重要な問題です。

現在のスキルや経験、さらには生活スタイルや子育ての状況に応じて、最適な仕事を選ぶ必要があります。

本メディアは、在宅ワークをおすすめしますが、相性もあるので全ての人に最適とはいえません。

次の項目では、専業主婦が選べる仕事の選択肢と、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

パートのメリット|平日に効率的な収入を獲得できる

パートは、専業主婦にとって手軽に始められる仕事の一つです。

平日の空いた時間に働けるため、子どもが学校に行っている間など、効率よく収入を得ることができます。

また、同じ地域での勤務が多いため、職場までの移動時間も短く、生活リズムを大きく崩すことなく働くことが可能です。

在宅ワークのメリット|育児との両立がしやすい

近年、テクノロジーの進化により、在宅ワークの選択肢が増えてきました。

専業主婦にとって大きなメリットです。

子どもが小さく、外での仕事が難しい場合でも、家で働くことで収入を得ることができます。

また、時間の管理が自由なため、子どもの習い事や行事にも柔軟に対応することが可能です。

女性特有の仕事のメリット|主婦の経験を生かせる

専業主婦としての経験やスキルは、多くの職場で価値が認められています。

例えば、子育ての経験を生かした子育て支援の仕事や、家事のスキルを活かした家事代行の仕事など、女性特有の仕事はたくさんあります。

専業主婦の経験を活かし、自分に合った仕事を見つけることで、効率よく収入を得ることができるでしょう。

家事と育児を両立するための3つのコツ

専業主婦が仕事を始める際、家事や育児の役割分担は避けて通れないテーマです。

家族全員での協力が必要になる中、どのように役割を分担し、効率的に家事や育児を進めるかが鍵となります。

スケジュール表を作成して家族で共有する

家事と育児、そして経済的に自立するためには、仕事が加わります。

これらのバランスを取ることは簡単ではありません。

そのため、しっかりとしたスケジュール作成を心掛ける事が大切です。

例えば、週に一度、家族全員のスケジュールを確認し合い、それぞれの役割やタスクを分担することで、無理なくそれぞれの役割を進めることができます。

最新家電などを活用して家事を時短する

近年、家事を効率的に進めるためのテクノロジーが多数登場しています。

ルンバなどのロボット掃除機やAIを活用した家電製品など、これらのツールを活用することで、家事の時間を短縮することができます。

特に、忙しい日常を過ごす専業主婦にとって、これらのツールは非常に役立ちます。

家族全員の協力体制を取る

最後に、家事や育児、仕事のバランスを取るためには、家族全員の協力が不可欠です。

特に、子どもが小さいうちは、夫婦での役割分担をしっかりと話し合い、お互いのサポートを心掛けることが重要です。

また、子どもたちにも家事の一部を任せることで、家族全員での協力体制を築くことができるでしょう。

在宅ワークで高収入を得る|オンラインスクールで専業主婦・主夫から抜け出そう

主婦・主夫 経済的に自立したい

オンラインスクールを利用して知識やスキルを得る動きが増えてきました。専業主婦の方々にとっても、この流れは大きなチャンスとなりえます。

なぜなら、自宅で学べる環境は、育児や家事との両立を考える方にとって非常に都合が良いからです。

オンラインスクールのメリット

オンラインスクールの最大のメリットは、場所を選ばずに学べる点です。

子どもの寝かしつけが終わった後や、家事の合間の空き時間など、自分のペースで学習を進めることができます。

また、さまざまなジャンルの講座が存在しているため、自分の興味やキャリアを考慮して、最適なコースを選ぶことができます。

専業主婦にオススメの講座

Webマーケティングやプログラミング、Webデザインなど、多岐にわたる講座がオンラインスクールで提供されています。

中でも、WebデザインやWebライティングは、在宅での仕事として需要が高く、専業主婦の方々にも取り組みやすいといえるでしょう。

おすすめのWebライティング講座はこちらになります。

こちらは、プロから本格的な添削が受けられるとあって人気のスクールです。詳細は以下の記事にまとめています。

Web系のスキルを学べるスクールとしては、デイトラがおすすめです。

デイトラは、業界最安値級の価格で、実践的なスキルを学ぶことができるオンラインスクールで。多くの受講生が結果を出しているというのも魅力です。

こちらで詳しくまとめているので、ぜひこちらも参考にしてくださいね。

将来への投資としての学び

オンラインスクールでの学びは、単なる趣味ではなく、将来への投資としても大きな意味があります。

現代の労働環境は日々変化しており、新しいスキルや知識を持っていることが、仕事を確保する上での強みとなり得るのです。

スキルがあれば、会社員だけではなく、フリーランスとして独立する事も可能です。

自分の人生の可能性を広げるには、スキルは大いに役立ちます。

多くのオンラインスクールでは、入学の前に無料説明会を実施しています。

無理な勧誘などはないため、気になる方はまず、気軽に無料相談に参加してみましょう。

専業主婦・主夫でも経済的に自立したいまとめ

主婦・主夫でも経済的に自立したい

本記事にたどり着いたあなたは、今の状況を変えたいと望んでいる人が多いのではないでしょうか。

これまで、「家庭のことを頑張ってきたけど家族からの評価がない」「人生にむなしさを感じる」「離婚したいと思うけど経済的に自立できない」など、さまざまな葛藤があったのだと思います。

経済的に自立したいとあなたが望んでいるのであれば、それは必ず実現できます。

そのために必要なのは、行動です。

「自分にはできない」と思う前に、一つずつと実践していきましょう。

小さなところからスタートしていきましょう。まずは、家計の見直しから始めて見てくださいね。

本記事が、あなたのお役に立てば幸いです。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次