シングルマザーが仕事と育児を両立する方法!職種選びのポイントも解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
シングルマザー 仕事 と育児を両立する方法
悩む人

シングルマザーが仕事と育児を両立するにはどうすればいいんだろう?

悩む人

離婚を考えているけれど、シングルマザーになるのは不安…。これからどうやって仕事をすればいいんだろう?

厚生労働省が発表した「全国ひとり親世帯等調査の結果」を見てみると、平成28年度の調査結果では、母子世帯数は123.2万世帯となっています。

この数からも分かるように、近年、多くの人がシングルマザーとなって奮闘しています。

しかし、「シングルマザーで仕事と家庭を両立できるか不安…」「シングルマザーで生計を立てるにはどんな仕事を選べばよいの?」と考える人も多いでしょう。

そこでこの記事では、あなたの不安を解消するための以下の情報を解説します。

この記事で解決できる悩み

シングルマザーを待ち受ける現実
シングルマザーが仕事と育児を両立する4つの方法
シングルマザーで生計を立てるおすすめの仕事

えだまま

筆者も現在、2歳児を連れて別居しています。しかし、在宅ワークがメインだったので、都心から地方へ移住しても、収入は変わりませんでした。

月3万円の副業収入がほしい」「パートを辞めて在宅ワーカーになりたい」「転職して年収を上げたい」こう考えている人は、オンラインスクールでスキルを得ることがおすすめです。

ぜひ本記事を、仕事と育児を両立する方法の参考にしてくださいね。

※本記事には、広告が含まれます。

目次

シングルマザーを待ち受ける現実

シングルマザーの生活には、数々の課題があります。その最もたるものが、お金です。

Yahoo!ニュースでこのような記事を見つけました。(一部省略しています)

厚生労働省『令和3年度全国ひとり親世帯等調査』によると、ひとり親世帯は134.4万世帯。そのうち、母子世帯が119.5万世帯、父子世帯が14.9万世帯と、圧倒的に母と子の組み合わせが多くなっています。

母子世帯では「正社員」が48.8%と過半数を下回り、一方で「パート・アルバイト」が38.8%と4割に迫ります。

母子世帯の場合、母の仕事による収入は平均236万円、その他の収入を含めて272万円。

総務省『家計調査 家計収支編』(2022年)によると、母と子の二人暮らしでは、家賃や光熱費、教育費、交通費などを払っていくと、それだけで10万円。食べ物さえ、買うことができません。

厚生労働省『被保護調査』によると、2023年3月時点、生活保護を受けている母子世帯は6万5,021世帯。母子世帯の20世帯に1世帯は生活保護を受けている計算です

月収10万円…食べ物さえ買えない、貧困・シングルマザーの壮絶「これで、どう生きていけと」|Yahoo!ニュース

母子世帯の収入は、母親の仕事で収入は平均236万円で、中央値は200万円です。

月給では16万円程度。税金などが引かれると、手取りは月13万円程となります。

また母子世帯の8割は養育費がないといわれており、この収入では、子どもと満足できる暮らしをするのは、難しいです。

えだまま

シングルマザーの貧困率が、問題となっています。他人ごとではないので、身が引き締まる思いです。

シングルマザーが子育てと仕事を両立する難しさ

シングルマザーの朝は、日が昇るとともに、始まります。

子どもを起こして、朝ごはんを食べさせて保育園に送り、仕事に向かって忙しい業務をこなした後は、子どもを迎えに行く。

帰宅後は家事をして子どもにご飯を食べさせ、お風呂に入れて就寝する。

子どもが癇癪を持っていたり、イヤイヤ期だったりすれば、すんなりといくわけはありません。

これはシングルマザーの日常の“一部”です。

子どもが病気をしたら仕事を調整しなければなりません。予期せぬ出費に頭を悩ませることもあるでしょう。

絶えず時間に追われ、その中でも子どものために最善を尽くす努力が必要です。

シングルマザーが直面する家庭と仕事の事情

経済的困難や職場の理解の不足、そして周囲の目。シングルマザーは多くのプレッシャーと向き合います。

例えば、子どもの学費や習い事、質の良い教育や環境を提供したいという思いと、現実の経済状況とのギャップに苦しむ人も多いでしょう。

パートや正社員など働き方の選択

シングルマザーにとって収入は必須ですが、子供との貴重な時間も大切です。

パートは時間の柔軟性がありますが、収入は限られます。

一方、正社員として働くと収入は安定しますが、長時間労働が求められ、責任感も重くなります。

家庭の状況や子供の成長に合わせて、適切な働き方を模索することが求められます。

ぴょんこ

何を優先するかによって、何かを無くす、みたいな構図ですね。

シングルマザーが仕事と育児を両立するための4つの方法

次にシングルマザーが仕事と育児をうまく両立するための4つの方法を見ていきましょう。

家事代行を活用して時間を有効に使う

シングルマザーには、「時間」がありません。

そこで家事代行サービスの活用がおすすめです。

例えば、「ダスキン」が実施している家事代行サービスでは、買い物や洗濯、掃除など、自分がやってほしいことをお願いできます。大手なので安心感もありますね。

食事面でおすすめなのが「メディミール」です。これは、1食595円~という価格で管理栄養士が監修した美味しい食事を届けてくれます。

また、食材宅配サービスを活用すれば、買い物に行く時間を削減し、食事の準備も効率的に行えます。

スケジュール管理アプリを使って子どもとの時間を確保する

子どもとの時間は何よりも貴重なものです。

そこで、スケジュール管理アプリなどを活用して、効率的な時間管理を実現しましょう。

例として、PCとスマホの両方で使える「サイボーズoffice」を使えば、子供の行事や習い事、自分の仕事や家事のスケジュールを一元管理でき、毎日の計画が立てやすくなります。

ミニマリストになって家事の時短と節約をする

節約などを検索すると、ミニマリストという言葉がヒットすることもあるでしょう。

ミニマリストとは、持ち物を極力まで減らした人たちのことです。

家の中がすっきりするので、掃除に時間がかからない、お金を使わないので、節約が進むというメリットがあります。

また「ミニマリストになって夫婦で月13万円で生活している」など、生活費を大きく削減できたという人もたくさんいます。

ミニマリストであれば、「Minimalist Takeru」さんがおすすめです。

えだまま

よくYouTubeチャンネルを拝見していますが、お金のことについてもたくさん発信されています。分かりやすいです。

資格の取得と学習に時間を費やす

シングルマザーがより高い収入を得て、良い仕事に就くためには、資格の取得が有効です。

例えば、半年程度で取得できる「宅建士」なら、不動産業界での就職が楽になります。

さらに不動産会社は5人に1人は宅建士の資格を取得している人が必要という法律で定められているので、宅建士の資格をもっていれば、就職や転職にも有利です。

資格については、こちらの記事でまとめているのでぜひ参考にしてください。

また、オンライン講座を利用すれば、子供が寝た後の時間を有効活用して、新しいスキルや知識を身につけることができます。

シングルマザーに特におすすめなのは、Web系の仕事です。

その理由を解説していきます。

シングルマザーとして生計を立てるためにおすすめの仕事

文章作成能力 向上 Webライター 在宅ワーク

シングルマザーとして生計を立てるためにおすすめの仕事は、Web系の仕事です。

Web系の仕事は、パソコンがあれば仕事ができるので、働く場所の柔軟性があり、さらに比較的“高収入”という特徴があります。

またスキルがあればフリーランスとして独立できるなど、キャリアアップの可能性も十分にあります!その魅力を詳しくお伝えします。

Web系の仕事がシングルマザーにおすすめの理由①ライフスタイルに適合する

Web系の仕事は、場所や時間に縛られずに働くことが可能です。

子どもの急な病気や学校行事にも対応しやすく、シングルマザーには大きなメリットとなります。

また、「クラウドワークス」などのフリーランスマッチングサイトを利用すれば、自分のペースでプロジェクトを選び、収入を安定させることもできます。

クラウドワークスには、「10分のアンケートに答えて50円」「ブログ記事の執筆で3000円」「文字起こしで5000円」など、幅広い仕事が掲載されています。

登録は無料なので、まずは登録をして、「どんな仕事があるのかな?」と見てみるだけでも参考になりますよ。

Web系の仕事がシングルマザーにおすすめの理由②子供との時間を大切にしながらも収入を確保できる

Web業界は、高収入を得ることが可能な職種が多いです。

特に専門性が求められる職種では、経験やスキルに応じて高い報酬が得られるため、短時間での労働でもしっかりとした収入を確保することができます。

例えば、派遣のお仕事でも時給が3000円などという仕事もあります。

ぺんた

派遣の仕事は、急に契約が切られるということもありますが、時給が高いのでお金を貯めるという点ではおすすめの働き方です。

派遣として働きながら、オンラインスクールなどでスキルを得るというのもおすすめです。

シングルマザーがWeb系の仕事を選ぶ際のポイント

さまざまなWeb系の仕事の中でも、どのような仕事を選ぶか、どのようにスキルアップを目指すかは重要なポイントです。

Web業界の仕事の魅力や選び方、そしてキャリアアップのためのスキル習得方法について詳しく解説します。

シングルマザーに最適なWeb系の仕事内容

Web業界にはさまざまな職種がありますが、シングルマザーに特におすすめなのはフロントエンドエンジニアやWebデザイナーです。

これらの職種は在宅ワークがしやすく、勤務時間も柔軟性が高いという特徴があります。

またWebデザイナーであれば、女性ならではの感性を生かすこともできるので、ママの中でも人気の職種です。

「仕事が楽しい!」という人も大勢います。

また在宅勤務を基本としている企業も多く、子供の病気や学校行事にも対応しやすい環境が整っています。

仕事の働き方はどうする?フルタイム・派遣・転職のケース

Web系の仕事を選ぶ際、雇用形態によって働き方や収入が大きく変わります。

例えば、フルタイムでの正社員採用は安定していますが、柔軟性に欠けることがあります。

一方、派遣や契約社員は柔軟性は高いものの、待遇面での不安があります。

そこでおすすめなのは、転職サービスなどのサイトを使って、自分のライフスタイルに合った仕事を探すことです。

  • どのような生活を優先したいのか
  • 収入はいくら欲しいのか
  • 1日働く時間はどのくらい確保できるのか
  • 子どもは何歳なのか

など、自分の理想を具体的にして、そこからどの様な仕事が向いているのか相談してみましょう。

【参考】IT系の平均年収は?

こちらは「転職サイトDODA」が発表した業種別の平均年収となります。

IT/通信全体では、平均年収は436万円です。前年比で3万円アップしています。

詳しい中身を見てみると、こんな感じです。

IT系は、会社員だけではなく、独立してフリーランスとして仕事を得ることも可能です。

【重要】スキル取得のためにオンラインスクールを活用しよう

シングルマザー 仕事 育児 両立する方法

シングルマザーでも効率的にスキルアップを目指すためには、オンライン学習が最適です。

とくにおすすめなのは「デイトレ」というオンラインスクールです。

デイトレは、業界最安値級の価格で本格的なスキルが学べるとあって、現在とくに注目されています。

自宅で学べるカリキュラムや実践的なプロジェクトを提供しており、短期間でのスキル取得が可能です。

デイトレに関しては、こちらの記事でまとめています。

実際に、多くの受講生が結果を出しています。

ぴょんこ

SNSでもデイトレの受講生が呟いているので参考になりますよ!

「気になるけど…どうしよう?」と悩んでいる方は、無料で問い合わせができるので、まずは気軽に問い合わせしてみましょう。

シングルマザーが仕事と育児を両立する方法まとめ

いろいろな事情があり、シングルマザーとなって育児をする人は大勢います。

しかし、自分の未来と子どもの未来を守るためには、多くの課題と直面しなければなりません。

育児をしながら暮らしができる収入を確保すること、自分の人生を豊かにすること、家事育児の両立をすることなど、とても大変です。

でも、この記事にたどり着き、「なんとかしたい!」「生活をもっと豊かにしたい!」と考えているあなたなら、きっとできるはずです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

えだまま
Webライター
2歳児を育てながらWebライターをしているシングルマザー予備軍。在宅ワーク歴5年。最高月収60万円。現在は会社員&フリーランスとして活動中。クラウドワークス公式のWebライター検定2級取得。

別居を機に都心から地方へ引っ越し。在宅ワークがメインなので収入は変わらず、「家で働けるって本当にすごい!」と感動。

また別居をきっかけに、ママが“仕事をして自立すること”の大切さを痛感。

本ブログでは、ママが在宅ワークをきっかけにして、「経済的にも精神的にも自立する」ためのさまざまな情報を発信中。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次